アクセスカウンタ

蝶庵そうそう・・・蝶々のアトリエから・・・

プロフィール

ブログ名
蝶庵そうそう・・・蝶々のアトリエから・・・
ブログ紹介
初めまして、蝶々です。
蝶々の絵画制作に関するお話
着物のセルフポートレート
ポエム・手芸・お料理などなど
自分の作品の紹介や
柴犬達との賑やかな日々・食べ歩きなどなどを
気ままに綴っています。
コメントお待ちしています♪

ブログランキングはじめました^^
応援よろしくお願いします♪
zoom RSS

移転のお知らせ

2010/07/12 19:45
愛着ある、慣れ親しんだ、 『蝶庵そうそう・・・蝶々のアトリエから』 ですが

容量が大きくなり、重すぎる と兼ねてから思っていました。

この度、下記に移転し、『蝶庵そうそう・・・新館』  http://chouchou666.blog.shinobi.jp/

として、再スタート致します。

今後とも、よろしくお願い致しますm−−m

記事へトラックバック 0 / コメント 3


日本画ランキング!?

2010/07/12 00:24
今まで、ランキングに加入していても、この更新状況・・・^^;

もちろん、いい成績など残した事もなかったのですが。

今回、初めて、『日本画ランキング3位』 になりましたm−−m

皆様、ありがとうございました。



海外に出て、歴史ある建物の石造りの壁に、日本画では、感じが軽やか過ぎて、バランスが負けてしまうんじゃないだろうか?

そんな風に思われる方も、大勢いらっしゃると思いますが。


日本古来の、紙の白・墨の黒は、どっしりした壁にかかると、とてもモダンでクールです。

また、油絵とは違う、岩絵の具の軽やかな発色は、爽やかな風が吹いたような、新鮮な印象を受けます。


今後も、一生懸命制作に取り組み、より多くの人に、日本画・日本文化の魅力をお伝えできるように、

頑張って行きたいと思います。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


帰国報告ダイジェスト

2010/07/08 01:44
日本の皆様、お久し振りでございます。

昨日の夜、フランス・ブルターニュ地方のヴァンヌ市で、開催されている『フランス美術賞・展』『個展部門』

の研修旅行から帰国致しました。

画像


画像


画像



ヴァンヌ市は、15世紀からの街並みが保存された、小さな美しい、港町で

画像


画像


人々は、とってもピュアで親しみやすく、

中世の歴史あるお城・アーミン城の一角。城壁の塔に、蝶々作品は展示していただきました。
画像


画像


画像





このように作品に合わせて、モダンスタイルの浴衣をデザイン制作し、

画像


画像


県議会ホールでの、レセプションパーティー

画像


スシニオ城での正式な夕食会のご招待へと

画像


画像


画像


着用していったのですが、

現地の新聞にも、掲載していただき、本当に思い出に残る日々でした。
画像



この浴衣は、『絽合わせ』という、単衣の着物に、絽を合わせて仕立てる、まあ、よほどの通人しかもっていないようなお着物から、ヒントを頂き、

木綿の浴衣に、オーガンジーの単衣を、重ねて着用し、レザーの作り帯を巻いた、蝶々オリジナルの斬新なもの。


偶然にも、今回の個展作品のテーマカラーの黒と白にあわせただけなのですが、

ヴァンヌの国旗が、このような、黒と白のストライプだったのです。

県議会議長のボリウス氏、じきじきにツーショットを撮ってくださいました^^
画像


ブルターニュ地方独自の、お魚を主体にしたお料理も、日本人の口に合う、とても美味しい可愛いお料理でした。

画像


画像




また、翌日は、市庁舎に表敬訪問。

コレは、白夜に映える美しい市庁舎ですが。
画像


このような、美しい建物の中、訪問は朝だったので、カフェとクロワッサンの歓待を受けました。
画像


画像


画像



正式な訪問が終わってから、ちょっと了解を頂き、あまりに素敵な階段で、思わずモデル撮影をしてしまう^^;

画像



最終日前日の、関係者各位をホテルにご招待しての、夕食会では、研修ツアーに参加されたご婦人方に、

きちんとポーズをつけて、美しいポートレートを撮って差し上げました。


皆様、美しいご自分の写真に、とても喜んでくださって、モデルをやっていて良かったな^^vと思いました。



夕食会には、これも蝶々デザインのお帽子を着用。
画像


白と黒は、フランスではおめでたい席に着るいろなのだそうで、華やかなパーティーになり、良かったです。

滞在中は、ヴァンヌ市長。県議会議長のボリウス氏。観光局長のブリュノー氏。通訳のムッシュ・アラン。マダム・たいこ。本当に、お世話になり、ありがとうございました。


多分、『新聞に載ってたアーティストでしょう?』と、(相変わらず、フランス語はさっぱりなので、なんとなく分かる程度)

街で声をかけてくださった、数人のヴァンヌ市民の方々。


ツアー関係者各位。同行した皆様。

そして、12000キロ。遠く日本から、活躍を期待してくださっていた、日本のお友達。

皆様。本当にありがとうございました。



素敵な、研修旅行の記事は、ゆっくりUPしていきますので、

ブログをご覧の皆様も、ご一緒にヴァンヌの旅を、楽しんでくださいね♪






記事へトラックバック 0 / コメント 4


最近の美味しいもの

2010/06/26 12:27
浜松の親友のお店にて。

かに餃子・昔風のお好み焼きなど。

画像


画像



浜名湖のほとりにて。

うなぎ懐石・全15品・・・お腹いっぱいで食べきれない。
画像


画像


画像


画像


画像


画像



焼津魚センターの回転寿司にて。

生シラスの軍艦。
画像


鉄火丼。
画像



場所は変わって、名古屋市内。アトリエ近くのシャンパンバーにて。

画像


画像


生牡蠣・・・この時期は岩牡蠣。
画像


お造り・・・シマアジ・大トロ。最高♪
画像


シャンパンのおつまみに、お刺身やお寿司という、素敵なお店。

お寿司も頂きました。(画像なし)

高級なお店でした。

記事へトラックバック 0 / コメント 2


楽園さがし・・・

2010/06/22 00:14
私は、肉食獣も草食獣も一緒に、野原でのんびり過ごしているような絵を、

定期的に(と、言うか、発作的に)、描き続けています。

画像


画像



虫たちの見せてくれる不可思議な世界

動物たちの見せてくれるダイナミックな世界

画像



子供の頃に、大好きだ と思った気持ちは、何歳になっても変わらず、キラキラと輝き続けて

いつも、私に おいでおいで と手招きしています。

画像


画像




この夏〜秋にかけて、人生初の 『500号』 の大作に挑みます。

画像


画像


楽園を探して、終わりのない旅を続ける


そんなアーティストとしての、自分の生き様を掛けた作品に挑んでみたいと思います。

画像


画像



展覧会でもない。

サロンでもない。

個展でも・・・ましてや注文の絵でもない。

画像


画像



ただのドデカイ絵を描きます。

画像



この作品が出来たら、20歳の頃、両親に反対されて行かずじまいになっていた、アフリカ・ケニアの旅に向けて

本気で準備してみようと思います。

画像


画像




私を誤解してきた人達は、本当に大勢いると思いますし、


だからと言って、取り立てて、そういう人達に、関心などない私でした。


人の言う事も、結局は、『聞かない』形で、生きてきてしまいましたが・・・


今後、より一層、『聞かない』路線で、自分のやり方をつらぬいていこう。


いちいち、耳など傾けて、私にとっては時間の無駄だった


と、思う。今日この頃です。


忙しいからと、ネットで拾ってきた画像で、たくさんの動物の絵を描いていた友人がいました。


もう、話をする事もないことだろう。と思います。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


梅雨の花園

2010/06/20 23:23
画像


じめじめした、鬱陶しい梅雨の季節になりました。

けれど植物達は、雨の中、より一層色鮮やかに、生き生きとしているように思います。

雨露に濡れた花びらは、妖しいほどに美しいものです。

画像


画像


画像


画像



雨に濡れるのは、普段はとても嫌いなのですが、


撮影が佳境に入ると、濡れる事も忘れてしまいますね^^;

画像


画像


画像
記事へトラックバック 0 / コメント 6


最近食べた美味しかったもの

2010/06/17 08:59
博多にふぐを食べに行く。

と、言ったら、九州までいくのかと誤解されましたが、名古屋にあるふぐ料理店・博多
画像


画像


画像


画像


画像


画像



名古屋にある、また別のふぐ屋さんだと、この時期は、オコゼの薄作りに、肝を巻き巻きして食べたりしますが、

ここは、懐石みたいです。

10年ぶりぐらいにお邪魔したら、昔、いつもお鍋を作ってくれた、年配のおねえさんがまだ現役で働いていらっしゃるそうで・・・

現在は、ランチタイムのみご出勤だそうで、翌週、ランチも食べに行きました。

おねえさんは、あいかわらず、チャッキチャキで毒舌で、お元気そうでした。


知人・クラブママに美味しいお肉屋さんに、連れて行って頂きました。
画像


画像


画像


画像


お肉は松坂牛で柔らかかったですが、タレがお上品で、少し薄い気がしましたが。

〆はテールクッパをママりんとシェアして。

ママりんとお食事するのも、かれこれ8年ぶり以上?かな。

ママりんは、以前よりは痩せたせいか、なんか小さくなったような気がしました。

画像


最後は、ジャスミンティーでお手々を洗います。

フィンガーボールのお水を飲んじゃった。なんて古典的な笑い話がありますが・・・^^;


激辛地獄ラーメン
画像


これは、芋虫モデルさんと、撮影後に。

不景気になると、刺激が欲しくて、激辛ブームが来るそうですが・・・


確かに、↑の高級店は、他にお客さんもいなくて、閑散としていました。

5辛(1〜7まで)をセレクトしたのに、スープまで飲み干す蝶々のリアクションに、

店主のおじさんは少々がっかりしたみたいで、

『彼女は今度、7にした方がいいよ』と、帰り際に言われました^^;





記事へトラックバック 0 / コメント 2


変身・・・男と女の間に

2010/06/13 00:32
画像


女装をする男性のことを、女装子(じょそこ)ちゃんとか、男の娘(おとこのこ)とか呼ぶようです。

ちょうど手ごろな美少年がお友達にいたので、早乙女太一風な女形を作ってみたくなりました。

画像


個人的な趣味かもしれませんが、女形は、がっちりメイクして、しなを作っている姿より、

楽屋でのメイクシーンなどに、変身の過程を垣間見た時のほうが、色っぽく感じます。


これは、メイク前。おいおい、くわえ煙草か?

画像


涼しげな目元が、清楚な感じで、我ながら大満足の出来栄え^^v

画像


画像


画像


画像


画像



ホンモノの女の子とは違うのですが、男の娘ならではの可愛らしさや初々しさがあって、それはそれで、またひとつの美なのかもしれません。








記事へトラックバック 0 / コメント 4


変身・・・カフカ

2010/06/13 00:06
『ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢からふと目覚めてみると、

ベッドの中で自分の姿が一匹の、とてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気が付いた。』

画像




この書き出しで始まる、カフカの不可思議な小説を、何十年振りに読み返しました。



一家を支えるために、セールスマンとして働き続けたグレゴールは、

虫の変身したことによって、一転して、一家の厄介者となります。

画像



父に投げられた林檎から受けた傷や、

その他諸々の痛手。食欲減退などにより、

やがて、グレゴールは死にます。


その時、一家は嘆き悲しむ事もなく、

気分転換の小旅行に出掛けて、物語は終わります。
画像






『やがて、三人は揃って家を出た。

もうここ何月もいっしょにそろって家を出た事などなかったのだ。

彼らは電車に乗って、郊外へ出掛けた。』



この撮影のイメージトレーニングのために、読み返してみたのですが・・・

いったい、『何なんだろう?』というのが、正直な感想・・・



家族の絆だとか、愛だとか。

そんなものは、家族が虫に変身したら、どっかに飛んでいってしまうものなのかもしれませんね。

まあ、めったに虫に変身する事なんてありませんけどね^^;




そう思うと、芋虫男は、切なく、あどけない、そんな存在に感じます。





モデルさんのプライバシー保護のため、あえて誰かは申し上げませんが、女装モデルさんとは別人です。


難しいコンセプトの撮影に快く協力してくださって、ありがとう♪



また、ボディペインティングの打合わせに来ていたまひろちゃんにも

梱包ご協力いただいて感謝します。
記事へトラックバック 0 / コメント 5


新作お帽子のご紹介

2010/06/09 09:41
こちらは、小さなシルクハット

髪留めがついているので、直接髪につけるタイプのものです。

画像


正面



画像


斜め横



画像


後ろ



画像


髪留め部分



天然の白狐の顔の部分の毛皮を使用しています。

お耳の部分におリボンを・・・と、当初、予定していましたが

生前に喧嘩でもしたのか、方耳が千切られちゃっている子でした。


一見、分かりにくいかと思いますので、また後日、着用したところをUPしますね^^


記事へトラックバック 0 / コメント 2


時間のない昼下がり

2010/06/02 23:45
摩耶観光ホテルにて、撮影してきた素敵な画像を、ご紹介します。





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





近日の撮影スケジュール

6月上旬・・・芋虫男・・・カフカの変身より

6月中旬・・・ボディペインティング・リハ

7月上旬・・・蓮の花

7月下旬・・・恒例・湯ノ山保養所

記事へトラックバック 0 / コメント 2


麗しの摩耶観光ホテル

2010/05/31 00:43

本日の写真は、クリックすると大きな画像で見れます。
無断転用は固くお断り致します。


画像


本日は、朝7時に起き、8時30分にお迎えに来てもらって、

一路。神戸の摩耶山中へ・・・

お目当ては、ケーブル駅近くにある、廃墟ファンの聖地・摩耶観光ホテル・・・通称・マヤカンです。

高速道路〜一般道をナビで、摩耶ケーブル駅に走ります。

駅周辺には、駐車場がなく、急な坂道を登って、やっとの思いで駅に到着します。

ケーブルカーは、29度の、日本一の急勾配を走ります。
画像


到着した、虹の駅から、摩耶観光ホテルは、すぐ横なのですが・・・
画像


通行止めの高い柵をよじ登れば、すぐにも行けそうなのですが・・・

あいにく、監視員の目が光っています。



仕方ないので、正攻法は諦め、崖を降りて、道無き道を行く事とします。

何故だか、山に行くのに、海へ行くような、マキシのサマードレスを着てきてしまった蝶々。

何事も、執念と根性です。

画像


途中、よっちゃんが、撮影小物の包帯を、谷に落としてしまうという、アクシデントはあったものの、

どうやら無事に、潜入に成功しました。

ノスタルジックなマヤカンの外観。

画像


画像



内部へ潜入し、一通り見学した後、撮影衣装に着替えて、撮影開始です。

画像


画像


画像


画像


画像



ぽっかり出来た時空の裂け目に迷い込んでしまったような、

白昼夢見ていたかのような、

そんな不思議なひと時でした。


幸い、お天気にも恵まれ、新緑の萌え出ずる季節。

麗しいと呼ぶにふさわしい廃墟で、

撮影をすることが出来て、幸福でした。






撮影に協力してくれた、チーム・蝶々のスタッフ

画像


お部屋の片隅にあった、煤けた鏡に映ったところを、記念写真・・・

昔の絵の中に納まってしまったような、不思議な写真が撮れました。



トレッキングと言うよりは、ロッククライミングと言った方がふさわしい悪路を、

3人が、お互いの無事を気遣いながら、ぜいぜい言って進み、

何とか無事に生還した時は、思わず、ハイタッチしてしまいました^^v


二人がいてくれたお陰で、素敵な写真が撮れました。


摩耶観光ホテル内部の写真は、たくさんありますので、また後日、ご紹介しますね。

本日のトップとラストの写真は、とても気に入っていて、Loveクチュールのお名刺やフライヤーなどに、使用しようと思っています♪



記事へトラックバック 0 / コメント 7


お帽子の注文承ります

2010/05/27 12:00
画像


パーティーシーンや競馬場(笑)・ちょっとしたデートに

素敵なお帽子で、お洒落を愉しんでみませんか?

つば広なので、紫外線対策にもなります。

画像


左正面から

画像


後ろ正面から

画像


斜め前から



実際に、お帽子を被った時の画像は、今週末撮影予定ですので、

またチェックして下さいね。



ベースになるお帽子の基本形・飾りの色合いや雰囲気など

お気軽にご相談下さい。


ご予算は、8000円〜10000円程度・送料別 です。



Love クチュール 主宰・蝶野麗子
記事へトラックバック 0 / コメント 3


ブロードウェイミュージカル

2010/05/25 16:07
先週土曜日。

Y先生からのお誘いで、ミュージカルを見に行きました。
画像


出し物は、コメディミュージカルの『ザ・ミュージックマン』

画像


TMレボリューションの西川貴教さん主演の、面白いお話でした。


西川さんって、デビューした時に、男の子っぽい女の子かと思っていたんですが、

本当に小柄で華奢で、顔立ちも可愛らしい、男性ですが、相変わらず、歌はとってもお上手で、憎めない詐欺師の役柄が、ぴったりはまっていましたよ^^


さて、舞台の後は、少し遅い夕食に、美味しい懐石料理を頂きました。

画像


画像


画像


画像



画像


画像



このお料理は、『東海の名工』に選ばれたという料理長さんの、限定メニューだそうで。

全体的に、素材の味を生かした、上品なお料理で、美味しかったです。


ただ、『名工』というと、なんとなく、宮大工さんとか、漆職人さんなどを連想してしまうのですが、考えてみたら、

確かに、和食の板前さんも伝統職人に入るんですよね^^;


楽しいミュージカルに、美味しいお食事に、と非日常的な時間はあっという間に過ぎていきました。

お誘いくださって、本当にありがとうございました^^



記事へトラックバック 0 / コメント 3


美声の魔女〜カフェ・コンセール・エルム

2010/05/19 11:26
画像

更新が遅れてしまいましたが、さる5月7日。

先月の『シャンゼリゼの会』にご招待くださった、素敵なマダムとご一緒に、

名古屋のシャンソニエに始めてお邪魔しました。http://www.chanson-japonaise.com/elm/top2.htm



当日は、ドミニカ共和国帰りの女の子・一見、力士風の男の子との、不可思議な4人連れ。

エディット・ピアフ賞受賞などの、輝かしい経歴をお持ちの、岡山加代子先生のステージを拝聴しました♪♪♪



シャンソン歌手の方々は、なんとなく宝ジェンヌに似たような、ある種 『浮世離れ』した華やかさがあります。


歌はもちろん、とても素敵で、『コンドルは飛んでいく』を、ペルーの言葉で歌われた時は、お友達も『鳥肌が立った』と言っていました。


またMCが、とても気さくで、観客を引き込みながら、笑いを交えて進んでいく、テンポの良いトークもとても楽しかったです。



先日の、デザイン学校の女の子達も、ステージ衣装などに関心が高く、ぜひ一度ご一緒したいと言っていましたの
で、学生無料デーなどを利用して、また、みんなでお邪魔したいと思いました。


ステージが終わった後、岡山先生と少し、お話する機会があったのですが、

絵を描く方は、音楽をビジュアルとして立体的に感受する。 と、いうお話をお聞きしました。



なるほど。

そう言われれば、いつも音楽を聴いていると、何らかの情景や風景・何かのワンシーンなどを、頭の中で見ているような気がします。


そんなご指摘も、感性の鋭い方ならでは。と、感銘しました。
画像



お誘いくださった、素敵なマダムとは、昨年、パリでお逢いして、地元・名古屋の方と言う事で、度々お逢いしていただいています。

来月、フランス・ヴァンヌへも、再びご一緒出来る事になって、とても楽しみです。

パリは7月がもっとも輝く時だと思います。

今回は、パリは行かないのですが、梅雨時の日本を抜け出して、モンサンミッシェルやポン・タヴァンの街を、とても楽しみにしています。





記事へトラックバック 0 / コメント 4


素晴らしきこの世界・美しい仲間たち

2010/05/12 09:28
画像


先日、訪れた昆虫美術館。

確かに、標本ばかりで生きた昆虫がいるわけでもありませんので、『美しい昆虫の墓場』と取れなくもないのですが。

個人蔵のコレクションにしては、蝶の部門がとても充実していて、見ごたえがありました。

南国の蝶は色鮮やかなものが多い。

画像


画像


画像


しかし、わたくし蝶々(混乱しますね^^;)は、ベルベットのような羽に、スモーキーな紋様の、黒っぽいシックな蝶が好きです。

何か、『秘密を知って、飛んでいるような』、そんな妖しい魅力があり、イマジネーションを掻きたてられます。

画像


画像


画像


画像


ブログ友達の亡くなってしまった彼が、追いかけていた『アサギマダラ』
画像


蝶の採集は、貴族的な趣味だと思います。

とてもお洒落で粋な男性だったというその方。きっと、天国でアサギマダラに囲まれて、過ごしてそうな気がします^^

画像


こちらは、瑠璃色の紋様が美しい『ルリアゲハ』なのですが・・・

わたくし蝶々が、最も好きな蝶は、金属的な不思議な輝きに魅せられる『モルフォ』

画像


画像


画像


白っぽいのは、まるで貝殻の内側のような、光線の加減で、変幻自在に輝きを変えます。

どの蝶も美しく、こんなに美しく創造されたからには、さぞかし、神に愛されている存在なのだろうと思います。



画像


世界最大の蛾。

普通、蝶は好きでも、蛾は嫌い。という方も多いのですが、よく見れば、落ち着いた色彩に、大胆かつ繊細な紋様で、一般的に大振りなものが多いので、とても絵になる美しい存在だと思いますよ。

そして、今回もっとも感動したのは、トップにもあげた『ハナカマキリ』

画像


一見、蘭の花に似た形態をしていて、花と間違えて近づいてきた昆虫を捕獲するそうです。

その捕食の方法も、どこかエロティックで。

もし、絵に描かれていたなら、画家の想像上の昆虫なのだと思ってしまうほど、シュールな存在。

このようなカマキリが実際に存在する事を知ったのは、初めてでしたし、自然とはなんて素敵な生き物を作るのだろう。と、本当に感激いたしました。

欲を言えば、動物園の動物たちと同様。自然の中で飛んでいる姿・生きている姿を見てみたいです。

そんな子供の頃からの強い思いが、絵の中に蝶を描きこむ、わたくし蝶々の原動力なのだと思います。
記事へトラックバック 0 / コメント 6


長いGWの出来事・後半・愉快な八ヶ岳

2010/05/09 20:05
画像


皆さん。とってもおしさしぶりですね♪

日本代表・柴犬の良狗ちゃんです。

毎年。春につりてってもらうのを、楽しみにしてる八ヶ岳ですが、今年もみんなで仲良くやって来ました^^v
画像


ホテルの周りの花壇は、今年は満開が遅いそうで、ママの好きな『八重桜』は、、まだちょっと満開じゃありませんでした。

画像


一見、ドデカイ柴犬に見える良狗ちゃんを、いつも抱っこしてて、ママはスゴイ力持ちみたいに見えるでしょ〜?

でも、バカデカイ柴犬の小茶丸は、さすがに重くて、あんまり抱っこしないんです。




いつもママと、牛乳を買いに来る、まきばの牧場。

画像


ソフトクリイムもおいちいですよ^^v

画像


一見、馬鹿丸出しの親子なのですが、こりもいい思い出▼m▼v



今回は、ママの大好きな、昆虫のびじつかんにやってきました。
画像



恒例の記念写真を撮ったり
画像



あんよがつかりた天ちゃんは、小川のところでしとやすみ^^;
画像


元気ドスコイの良狗ちゃんと小茶丸は、
画像


画像


画像


たんぽぽ畑で遊びました。

まあ、良狗ちゃんの遊びと言えば、ママの後をつけることくらいですが・・・

画像


普通の犬は、自分で勝手に遊び、ママが呼んだら帰るのですが。

しとあじ違う、良狗ちゃんは、ママの後を追っかけて遊びます。

画像


ママが止まってくりたので、急ぎます。
画像

よいしょ。よいしょ。たんぽぽ畑は深いので、漕ぐように歩かなくちゃ進みません。


画像

自分から捕まりに来たのに、抱っこされると、必ず、『捕まった〜』のポーズになります^^;


生まれてからこの方、同じ釜の飯を食べ、同じ布団に引っ付き虫で寝て、同じソフトクリイムを競争で食べ・・・(自慢できた事じゃないが)

最近は、ママが忙しくて、たまに。になりましたが、こうして親子で山で過ごす。

あっという間の旅行は、もう終わってしまいましたが、明日も明後日もその次も、良狗ちゃんは、ママと、小茶丸・天心と。

いつまでも一緒です。




記事へトラックバック 0 / コメント 7


長いGWの出来事・前半

2010/05/06 12:44
連休明けのみなさま。まだ連休真っ只中のみなさま。いかがお過ごしでしょうか?

ワタクシ達・アーティストにとっては、盆も正月もGWも、本来あまり関係のないものですが・・・

お友達のお仕事のお休みなどの関係で、普段より忙しくなってしまう事もよくあります。

今年のGWは、まさにそんな感じ。

忙しくも充実した楽しい日々の連続でした。

そろそろ取り掛かる大作のイメージ作りに、動物園に出掛けたり。
画像


やはり、動物園は結構な人ごみで、スケッチをする余裕なし。

また、平日の空いている時に、出直す事として・・・動物を眺めることに専念してみました^^;

画像

あら?ゴリさんの脱走?

画像

まあ!ゾウさんが脱糞?

画像

クマさんは、ひたすらウロウロしてました。

画像

ライオン舎に歩いていくと、ライオンさんの吠え声が・・・

すっごい迫力!・・・ちょっとしたカミナリみたいな吠え声でしたよ。さすが、百獣の王ですね。

画像


例えスケッチが出来なくても、動物達の生きている姿を、身近に感じることは、絵を描く時、血の通った動物を表現するのに、必ずプラスになると思うんですよ。

欲を言えば、自然の中で生きている姿を見てみたい。のが、子供の頃からの夢かな?

もっと、ゆっくりしていたかったのですが、その日は、午後からモデル撮影。

とあるイベント用フライヤー撮影の、衣装や構成などのお仕事だったのですが・・・

美しいのだから、ご一緒にいかが?と、カメラマンさん乗せられて・・・^^;

画像


画像


画像


久し振りにモデルのお仕事もしちまいました^^;

せっかく衣装を着たので、秋の新宿のグループ展のフライヤーにも使えないかな?と。
画像


まだ、時間はあるので、何回か撮影を重ねて、一番ぴったり来るのを選ぶ事にします。

本当に、写真の撮影は、何百枚も撮って、使うのは一枚って世界ですものね。


さて。また別の日。

この秋・企画しているファッションショーの打合わせに、服飾専門学校の女の子達と会いました。

ショーのためのドレス作りに、お友達同士でチームを組んで来てくれました。

画像


画像


画像


画像


彼女達の作品。さすがに、技術的なクオリティーも高くて、何より斬新な発想が素敵です。

押し花をお洋服にするなんて、ロマンティックですよね。


制作担当は、リーダーのえりかちゃん
画像


製図が得意な、ゆうちゃん
画像


ロマンティックな髪の色が個性的な、みこちゃん
画像


みんな、20歳になったばかり。若くて素直で、夢に向かって、キラキラしている可愛らしい女の子達です。

蝶々も、元気なパワーをもらって、デザイン画の制作や、自分の絵の制作も頑張ろうと思いました。

また別の日。

そんな若いチームの活躍の戦場?

劇場の予約に出向きました。

画像

350名収容可能

画像


画像


楽屋は2部屋

こうやって会場を目の当たりにすると、結構、怖気づくような緊張感に包まれるのですが・・・

東急ホテルの会場を見たときもそんな感じがしました。

う〜ん。大きなキャンバスを前に、『描けるかな〜?』なんて、不安になるような感覚かな〜?

でも、慣れてくると、緊張感がやる気に繋がるもの。

また、みんなと力を合わせて、頑張って、夢を形にしていこうと思います。



さて。ようやくGW・前半の最終イベント。

お友達のライブにまで漕ぎつけました。

偶然、『ドラムの息子』・・・略して、どら息子?のお母様と会場で隣り合わせ、

一緒に踊ったり、拍手したり。とてもアットホームなライブでした。

お元気で粋なお母様で、羨ましいな〜と思いました。

画像

バンドのメンバーと。

画像

ドラムの息子と。・・・パンツ見えちょったよ^^;

ライブの打ち上げ中。蝶々が携帯の鳴っているのに、気づかず、大切な仲間をキリキリさせてしまいました。

ごめんねm−−mイヤフォンでもつけて飲むようにするからねm−−m


来週から、いろいろな事が始動して、頑張ってこなしていかなければならないのですが。

スケジュールにも気持ちにも、余裕を持たせて、何より連絡を密に取り合って、不安のないような感じを作っていかなくてはならないな〜と、反省しています。

どうも、蝶々は『言葉足らず』で、『鉄砲玉』なところがあるようですので、直していかなくちゃいけないな〜と思いました。

『どっか行っちまった』とか『どこ行ったか分からん』などと、子供の頃から言われ続けていたので、ついつい、自分のキャラのように、自分を甘やかしてしまいがちだったんですね^^;

一生懸命頑張ったつもりでも、まだ何も、形になっていない、準備期間のGWでしたが、たくさんの人に逢って、お話を詰めていくことが出来たので、これからまた、本格始動して頑張ろうと思います。





記事へトラックバック 0 / コメント 3


春の日曜日

2010/04/26 12:38
昨日は、個展やパーティーの時に、とても協力してくれたお友達を、珍しく自宅に招いての、ランチパーティー。

画像


人数が多いので、テーブルを2つ繋げました。
画像


画像


みんな揃ったところで、乾杯^^

画像


画像


お料理は、あっという間の売れ行きで、写真を撮る暇なし^^;

↑は、安いお肉のサイコロステーキ・付け合せに、人参のグラッセ・枝豆のバターソテー

 牛脂たっぷりの和風チャーハン

お肉は、まあ安いだけあって60点だったと思いますが、実験的に作った、マスタードとほうれん草のクリームソースが、比較的こってりしていて、お肉のパンチのなさをカバーしてくれたように思います。

これは、準備中の画像ですが^^;
画像


画像


画像


他には、前菜に、帆立貝のコンソメジュレ・焼きチーズ・ハーブチキン

まったく画像はありませんが、新じゃがのポタージュなどを作りました。

それというのも、ただでさえ忙しいママに、良狗ちゃんが、あ〜でもないこ〜でもないと、いろいろな事をするので、

食事もどこに入ったか分からんような状態。

なので、良狗ちゃんたちにも、ちょっと豪華な特別ランチを作ってあげましたよ。
画像


いつものおからとささみと野菜のゴハンに、きょうは、じゃがいものスープ&豚肉のソテー乗せ。

これもまた、瞬殺で完食でしたが。


まあ、そこそこお腹も膨れたところで、昨日は、とってもぽかぽかといいお天気でしたので、ベランダでおのおのひなたぼっこをしたり、わんちゃんと遊んだり、お喋りしたり・・・

画像

犬小屋のエマニュエル夫人?

画像

洗濯バサミのエマニュエル夫人?

画像

・・・う〜〜ん。犬小屋のゴッドファーザー?

あ、そうそう。デザートの時にと思ってたのに、うっかり食べちゃった後でしたが
画像


画像


お誕生日が近かったRちゃん・よっちゃんに、食べられないケーキのお祝いです♪

画像


画像


画像


お誕生日はもう終わってしまった、Kちゃん・わっきーもおめでとう♪

結構、あっという間だったのですが、気づけばもう4時過ぎ。楽しい時間は、本当に過ぎるのが早いですね。

3時間以上、ランチをしていた事になります。ひえ〜。


自宅には、食器洗い機クンがいるので、こんな時の、後片付けは本当にラクです^^v

という事で、近所のカラオケボックスに徒歩にて移動。

途中、最近、週1ペースでお財布を落としている、よっちゃんのために、道の横にある祠のようなところで、お参りしました。
画像


画像



カラオケでは、飲み放題コースで、結局1時間延長し、9時ぐらいまで歌っていた事になります。
画像


画像

みんなでカラオケに行ったのは、初めてだったのですが、キャーキャー盛り上がって、汗びっしょりになりました^^;

その後、またまた徒歩にて、良狗ちゃんのお散歩コースにある、とんこつラーメンのお店へ。
画像


ココは、本格的な博多ラーメンのお店で、力士などのお客さんも多いようで、店内に手形があります。

替え玉という、麺のお代わりも出来ます。

前回一緒に来た時は、ぷ〜ちゃんは4杯食べていましたが、昨日は、女の子の残した分も合わせて、全部で5杯。

画像


あ、でも、残念ながら蝶々のラーメンは、誰も食べれませんよ▼m▼罰ゲーム級の激辛ですから。いっしっし^^


何のせいなのか?(カラオケか香辛料か、喋りすぎか)今日は、声がかすれてかすれて全然出ません。とほほ〜^^;

でも、個展が終わって以来、何だか、日々ぼけ〜〜〜っとしている事が多かったこの2週間。

こうやって、みんなの顔を見て、わいわいお喋りするうちに、だんだんと次回作の構想や、この夏〜秋にむけての
プランなども、頭の中でまとまってきました。

心の中で、何か一区切りがついたような感じ。



こうして、近くに住んでいて、頻繁に逢えるお友達。遠くにいて、なかなか逢えなくても、いつも思っていてくれるお友達。

どちらも大切な友だと思います。

みんなから頂いたパワーで、また新たな創作に向けて、頑張って行こうと思います^^v

画像


昨晩の良狗ちゃん

お風呂から出てきたら、先にベッドカバーを掘り掘りして、ぐっすり眠っていました^^

きっと、お客さんがいっぱい来て、良狗ちゃんなりに気を使って、疲れてしまったんでしょうね。

いつもは、お風呂の間中、バスマット待機して待ってるのですが、昨日は、動きもしませんでしたよ。


こんな可愛いわんこ達からも、もちろん、日々Happyをもらっている毎日です^^

記事へトラックバック 0 / コメント 8


アリス・イン・ワンダーランドとうさぴょんのお花見

2010/04/18 21:57
はじめまちて♪みなさま。
画像


あたし、うさぴょんです。

今日はね、ママがアリス・イン・ワンダーランドって、お洒落なうさぎさんが登場する、とっても素敵な映画に連れてってくりたの^^vhttp://www.disney.co.jp/movies/alice/index.html

3Dって言うんですか?

何だか、自分がお空を飛んでるような、怪物に噛みつかれそうになるような、ワクワクドキドキのとっても楽しい映画でしたのよ。

赤の女王っていうのが、一見『湯ば〜ば』みたいな、すぐにみんなを打ち首にしちゃう怖い女王様で、うさぎさんも双子もみんな捕まっちゃって、ハラハラしたけど、アリスが戦って、綺麗な白の女王の世界になったのよ。

映像もとっても綺麗で、アリスやマッドハッターのお洋服もとても可愛くて、本当に楽しい映画でしたよ。

そういえば、今年はまだお花見してなかった^^;って、

映画の後、ママのアトリエに連れてってもらったの。

アトリエは桜通りって通りに面していて、名前の通り、今はいろんな桜が満開なのよ。

お部屋の中から眺めるお花見も、なんだかロマンティックでいいでしょう?

あたし、ココがとっても気に入っちゃったから、今日から、ココの子になることにしたの。


だってね・・・・本宅に帰ると・・・
画像


破壊と殺戮の良狗王女サマの天下なんですもの(涙)

あたしも昔、目玉を齧られたの。
画像


うふ^^;ママの世界も、結構、ワンダーランドなのよね。

でも、とっても楽しい素敵な映画でしたから、みなさん、ご覧になるといいですよ♪



記事へトラックバック 0 / コメント 4


男と女の甘い戦争

2010/04/16 17:04
画像

個展期間中、ご来場くださった、パリで出逢った素敵なマダムから、シャンソンの会にご招待いただきました。

シャンソンは、自分でも好きで、時々CDで、アダモやピアフなどを聞く程度なので、初めてのシャンソンコンサートにワクワクして行って来ました。


『シャンゼリゼの会・春の発表会』は、シャンソン教室の生徒さんがたの定期コンサートのような感じでした。

緊張して歌詞を忘れてしまった出演者の方に、蝶々の後ろの席のご婦人が、一生懸命、一緒にくちずさんで手拍子をされていて、とても暖かな感じのコンサートでした。

日本語で歌われるシャンソンを、あんなにたくさんの曲を聴いたのは、初めての体験でしたが、

『愛なんて、男と女の甘い戦争なのよ』

なんて、哲学的でフランス文学的な歌詞が多くて、まるで、小さなドラマを見るような、素敵なひと時でした^^

大人の知的な愉しみという感じの会で、お招きくださって、本当に嬉しかったです♪

最後に歌われた先生は、お若くてお綺麗で、華やかなオーラに憧れてしまうような女性でした。

また、『エルム』(名古屋のシャンソニエ)に、近々ご一緒させていただきたいと思います。

今回は、撮影は?禁止なのかしら?・・・と、遠慮してしまって、皆さんの素敵なドレス姿を撮れなくて残念でしたが。

また、後日のシャンソンレポートにもご期待下さいね^^v
記事へトラックバック 0 / コメント 2


ダンスイベント

2010/04/14 10:17
4日のパーティーでも大活躍してくれた、ダンサーのHちゃん。

Hちゃんと仲良しのHMちゃん。

どちらも、蝶々にとっては、可愛い小さな妹のような存在の女の子達です。

そんな二人からのお誘いで、サンシャインで開かれたクラブイベントに行ってきました。

ファッションショーやオーディションが押していて、なかなか二人のダンスタイムが始まらず・・・^^:

一緒に行った、殿・ぷ〜ちゃん・よっちゃんとカクテルを飲んだり、冷やかしで踊ったりして遊んでいましたが・・・

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


とってもキュートでセクシーで、ダンスも上手で、クラブのライティングとあいまって、幻想的にも感じる素敵なショーでしたよ^^

二人は、とても頭の良い女の子達。仲良く踊る姿を見ていて、蝶々もとってもハッピーになりました^^

ぷ〜ちゃん、よっちゃん、殿もとても楽しんでいました。・・・また、よっちゃんが財布落としたけどね〜^^;

お招きくださって、ありがとね♪

これからも、若い感性と一緒にコラボ出来る、楽しいイベントを一緒に企画していきましょう♪


記事へトラックバック 0 / コメント 2


ミクニ名古屋・バースデーディナー

2010/04/13 14:05
画像

すっかりUPが遅れてしまい、申し訳ありませんm−−m

毎年、お誕生日をお祝いしてくださるY先生との、バースデーディナーは、今年は、ミクニ名古屋でした♪

先生も大変ご多忙の中、当日の4月3日にお祝いしていただきました。

名古屋では、名古屋駅周辺の高層ビルの最上階などに集中している、一連の高級レストランは、ランチタイムならお小遣いをためて行けそうですが、ディナーになると、敷居が高くて、なかなかお邪魔出来ませんよね。

画像


画像


気になるお料理は・・・

アミューズ
画像


カナダ産オマール海老とそら豆のムース エストラゴン風味 キャビア添え
画像


フランス産ホワイトアスパラの茹で上げ 古典ムースリーヌソース
画像


この、フレッシュホワイトアスパラは、以前ミクニに来た時に初めて食べたもの。ホワイトアスパラは、それまで缶詰のものだと思ってました^^;
緑のものより、より繊細な甘味で、とっても美味しいですよ♪

カサゴと帆立貝のムース クレピネット包み焼き しょうが風味のリゾット
画像


特選黒毛和牛フィレ肉とフォアグラのポワレ 花ズッキーニのファルス添え
画像


フォアグラのカリカリした表面のカラメルに、ほんのちょっぴりお醤油の風味?がしているような・・・

日本で食べるフレンチの方が好きなのは、こういうわずかなアレンジなのかもしれませんね。

画像


花ズッキーニも初めていただいたお野菜でしたが、中にはトリュフがたっぷりで、とっても美味しかったです。


と、このようにお食事を堪能し、当然、一緒にワインもいただいていたのですが・・・

画像


フロマージュワゴンのあたりから、酔いがまわってきてしまいました。

画像

ヨーグルトのような軽いフロマージュとブルーチーズ


画像

高知産無農薬の八朔のテリーヌ ライチソルベ

こうして、写真を見返してみると、左右に焦点がずれているので、酔っていたのが分かりますね。

Y先生の方が、ずっとお忙しくてお疲れでしたのに、大変な失態でしたm−−m

画像


それでも、甘酸っぱいミルフィーユを美味しくいただき、お腹いっぱいで帰宅し、満腹のまま寝ました^^;


バースデープレゼントに、ドルチェ&ガッバーナの
画像


画像


ちょっと大きめのバッグをいただきました。

これなら、ちょっとした小旅行にも使えちゃいそうです♪

素敵なバースデーを本当にありがとうございました。
画像






記事へトラックバック 0 / コメント 2


長い夢の中

2010/04/12 13:37
4月3日(土)〜11日(日)・・・昨日までの個展は、期間中一度も雨が降ることもなく、無事終了しました。

本当にたくさんのお友達・お客様のおかげで、賑やかな楽しいひと時となりました。

画像

Mさんが、焼いてきてくれた、チョコレートケーキ。甘さ控えめで大好評でした^^

画像

大好きな美人のS子ママから。毎年いただく、バースデーフラワー。

画像

パリで出会った素敵なマダムから。薔薇のゼリー。食べるのがかわいそうなので、眺めていましたが、最後にみんなで食べたら、美味しい果物ゼリーでした。

画像

よっちゃんが買ってきてくれたBGM。クラッシックのハウスリミックスと、思い出のレディガガ

画像

殿が、個展が盛り上がるようにと、シャンパンコーナーを設置してくれました^^;

画像

パーティーの時、お友達からいただいたお花を、シャンパンクーラーに生けてみました。

画像

シャンパンキーパー&ドンペリグラス6個は、プレゼントでせしめちゃいました▼▼v

その他にもたくさんのお菓子やプレゼントを頂きました。皆さん、本当にありがとうございましたm−−m

今回の個展では、実験的に、蝶々デザインのグッズを試験販売したのですが、Tシャツ」・エコバッグなどは、完売になりました^^
画像


ご注文いただいたのに、お渡し出来なかったお友達は、もうちょっと待ってね^^;

画像


画像


革製品も『わ〜!コレ欲しい〜!』と、たくさんの方から言っていただいたのですが、まだ、商品化の目途立たず。

でも、ご要望にお答えできるように、頑張ります。

お洒落なパパイヤが、偶然はいてきた革パンが、蝶々愛用のコルセットバッグと、妙にぴったり。
画像


画像


パパイヤを介して、10年ぶりくらいにお会いした彫刻家のI先生が、なんと先日のパーティーに出演していただいた、バイオリニストの辻村さんの、お友達だったと分かり、何かのご縁を感じました^^

そして、お友達の調香師・高岩恵さんと、イベントを開催した土日。

画像


東京から来てくださったお友達の画家・Nさんが奥様へプレゼントの香水をセレクト。



お仕事帰りにお友達の社長さんたちも、香水体験に来てくれました。

画像


ぷ〜ちゃんからのバースデープレゼント♪は、蘭の香りがエレガントでミステリアスな香水です^^

思い出の作品になった『伽羅』・・・その中に込めたイメージが、この香りをつけると、また自分の中で新しい物語となって流れていくような感じがします。


今回、ダンサーのHちゃんに活躍してもらったパーティーに始まり、香水・ネイル・・・それぞれの感性が共鳴しあい、輝きを増していく大きなエネルギーの流れを感じました。

来て下さった方々の心の中で、いつまでもキラキラする。そんな思い出のひと時を共有出来た事に、本当に感謝します♪

長い夢を見ているような、今回の個展で、強く思ったのは、『絵画は美術館・音楽はコンサートホール・ダンスはダンスホール』そういう決まりきった発表の形を、特に守らなくちゃいけないもんでもない。と、言う事です。

全ての芸術は、人が産みだし、人の輪の中へ帰って行くもの。

そんな思い。そして、新しい夢もまた見えてきた個展期間でした。


応援してくださった方々。共に走った仲間達。

皆さん、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


記事へトラックバック 0 / コメント 2


個展〜中間報告

2010/04/06 00:58
先日、第一の山場。ギャラリーにてのシャンパンパーティー。東急ホテルでのオープニングパーティーが無事終了しました。

仲良しグループが集合。
画像


親友夫妻も浜松から来てくれました。
画像



良狗ちゃんも、ちょびっとだけ応援にきてくれましたよ。
画像


でもね。しとが多すぎで、ご機嫌悪し。の良狗ちゃんです;;
画像


ごねてごねて、あっという間に帰っちゃいまちた;;
画像


さて、そろそろパーティーの最終打合わせの時間。急いで東急ホテルへ移動です。

親友と二人で、オープニングの司会。いったん、声が震えはじめたら、どんどん緊張してきて、それが親友にも伝染するという、お茶目な司会でした^^;
画像


お料理は、ゆっくり食べれなくて、どこに入ったのか?忘れちゃったけど。こんな感じです。
画像


画像


画像


お料理の途中から、バイオリニストの辻村真理子さんの演奏。
画像


やっぱり、プロの生演奏は本当に音色が良くて、いっきに緊張の糸が解けて、癒されまくって、泣きそうになりました。

蝶々は、1曲目の情熱大陸やアメージンググレースなどが、とても好きでした。

急なオファーだったのに、快く出演してくださって、感謝感謝ですm−−m


さてさて、本日のメインイベント・ミニファッションショーの始まりです。

主役はダンサーのHちゃん。
画像


画像


画像


初めてのモデル体験のMちゃんも、堂々と絵になってますよね^^v
画像


三枚目役を、二つ返事で引き受けてくれたよっちゃんの登場▼▼
画像


画像


蝶々がパリの風景を手描きしたワークパンツと、前日に東急ハンズに買いに言った、男性ブラ・・・・

会場は一気に笑い乱れ、一番笑い転げていたのはアタクシです。

そしてトリのHちゃんの着物ボンテージ

画像


画像


画像


画像


画像


セクシーでクールなショーに、飛び入り参加者も出てきて、想像以上に盛り上がった素敵なショーでした。

あっという間のパーティー。司会の下書きをしなかったので、しどろもどろになった事。音響の使い方が全然分からなく、親友に押し付けた事。

着替えの時間の間が空いちゃって、殿が助け舟の司会を買って出てくれた事など。

反省する事はいろいろありましたが、ま〜。結果オーライ。

皆が楽しかったね〜大成功だったね〜と言ってくれるので、大成功ということになりました^^;

画像


変顔でお開き

画像


当日のヘアースタイルは、吉野山を表現してみました。頭が山で、垂らした部分は、山へ繋がる峠の道です。
画像


4月3日にお誕生日がきました。41歳の春は、バカボンのパパなのだそうで・・・
はぁ〜、もうそんなになるのか〜。磯野波平は54歳だそうで・・・


当日も4日のパーティーでも、皆さんにお祝いしていただきました。あまりにも長くなるので、そのご報告とお礼は、後日ゆっくりいたします。本当にありがとうございましたm−−m

これから、皆さんから頂いたパワーで、11日の日曜日まで、頑張っていきたいと思います。

ご来場お待ちしています。
記事へトラックバック 0 / コメント 6


個展のご案内

2010/03/29 11:33
先日、フランスでの個展の作品を発送したなどと、書いていたので、混同してしまう方も見えるかもしれませんが^^;

地元・名古屋での個展開催のご案内です。
画像


蝶野麗子 個展 『春の薫り』

4月3日(土)〜11日(日) 10:00〜18:00   (ただし、3日は12:00〜)

ギャラリーMiLu

〒460−0008  名古屋市中区栄4丁目4−20 052−263−3835

桜の花も咲き始め、今年も春がやってきました。

絵画から直接香りがすることはありませんが

春の花々の香り、夏の森の香り

すれ違った女性からほのかに漂った香り

そんな記憶を呼び起こす作品であって欲しいと願います。


今回は、そんな小作品10数点に加え

第17回パリ国際サロン ザッキ賞 授賞 『伽羅』

来る7月、仏・ヴァンヌにて行いますミニ個展

出品作品 『愛で虫 連作』5点も展示いたします。


どうぞ、ご高覧下さいますようお願い致します。





個展開催中のイベントスケジュールは下記の通りです。



4日(日)19:00〜21:00 東急ホテル4F  栄の間にて 個展オープニングパーティー(詳細は別記事にてUP)

4日(日)15:00〜18:00 個展会場ギャラリーにて シャンパンプレパーティー

10日(土)11日(日)13:00〜 18:00 個展会場ギャラリー                   
 
調香師・高岩 恵 プロデュース  オリジナルミニ香水 試作・販売
              



また、この春立ち上げるマイブランド・『LOVE クチュール』の試験販売も、常時行っています。


今回は、絵の展示方法に、蝶々の感性を取り入れた、斬新な手法を使ってみる予定です。

どうぞ。お楽しみに。



記事へトラックバック 0 / コメント 4


個展オープニング&バースデーパーティーのご案内

2010/03/29 11:31
画像

4月4日(日)19:00〜21:00

東急ホテル 4F 栄の間にて

個展オープニングパーティー&蝶々を初め、4月生まれのお友達のバースデーパーティーを開催します。

当日は、着席形式のコース料理を楽しみながら、プロのバイオリニストによる生演奏

お友達に協力してもらった、蝶々デザインのお洋服のミニ・ファッションショー

お洒落でちょっぴりメイワクな?賞品の当たる、ゲームなどなど。

楽しく華やかなパーティーになるよう、日夜、準備を頑張っています。

面識のある方同士・初対面の方同士

お友達同士の輪が広がる、素敵な出逢いの場にもなりますように願っています。
画像



ゲーム賞品の数々。
画像

画像


テーブルにセッティングしてもらうネームカード。
画像


俗に言うパー券・パーティーチケット。

画像

ファッションショーの衣装・一部・未完成
画像



パーティーのプロデュースも蝶々にとっては、作品作り。

昨日は、衣装合わせや、打ち合わせなどで、お友達に会っていたのですが、飛び入り参加希望者も出てきたりして、みんなで手作りする、アットホームなショー。そしてパーティーになると思います。


時間と空間。それぞれの夢や笑顔を共有する、楽しい作品になるように頑張っています♪


記事へトラックバック 0 / コメント 2


ヴァンヌ・ミニ個展・愛で虫 連作

2010/03/19 17:23
本日の記事は、とても長いです。画像はクリックすると大きくなりますので、ぜひ大きくしてご覧下さい。

画像の無断転用は、固くお断り致します。

画像

7月のフランス・ヴァンヌにて行う、ミニ個展の出品作品を、先ほど、ようやく発送しました。

年末差し迫ってから届いた、急な通知。

出品出来るのかどうか迷っていた時期。

当たって砕けろ。やれるだけやってみようと思いついてから。

まるで嵐のような時間の流れでした。


今回は、蝶々の一番描きたいもの。大好きなものを描こう。と決めていました。

結果的に、子供の頃から大好きな昆虫と、仲良しで美人ぞろいのお友達をモデルに、好きなお花やモティーフの小物類などを描いてみました。



調香師のRちゃんモデルの・・・・・『化身』
画像


鏡を通して、魔法のように構成されていく蝶。柳の枝のような、たおやかだけど決して折れないRちゃん。

彼女の恋人の病気が、魔法のように治りますようにと、そんな願いを込めて描きました。
画像


画像




『鎮守』

画像

日本の不思議な森のアリスのようなイメージです。

クマガイソウという奇妙な野生の蘭の一種。木の根っこ。

そんな不思議なフォルムのモティーフに、野生の蚕で織られた、蚕と同じ緑色の、安曇野天蚕紬の着物ドレスを着せてみました。

画像


画像


画像


画像



タトゥーモデルのTちゃんモデルの・・・・・『蠅の家』

画像


Tちゃんには蠅が似合う。ずっと前からそう思っていました。

壁に横になった千手観音は、彼女の苦悩が、いつか救われますように、とそんな思いを込めて描きました。

画像


画像


画像


画像





ダンサーのHちゃんモデルの・・・・・『螺旋』
画像


やんちゃで元気が良くて、お洒落で派手で。そんなHちゃんを見ていると、自分の少女時代を思い出します。

古ぼけた雛人形。古ぼけた生家。虫を追いかけて、笑い転げていた、幼い日の自分とHちゃんを重ねました。

画像</div
画像



そして、自画像の・・・・・『愛で虫』
画像


美しい蝶も、美しい絹も、もとは、こんな芋虫でした。昆虫の成長は、劇的な変化に富み、本当に神秘的だと思います。
画像


画像


芋虫は、普通嫌う人が多いのですが、ぽよぽよしていて、鮮やかな黄緑色で、蝶々は子供の頃から大好きでした。

画面には蝶は、どこにも存在しませんが、絵の外に、艶やかな大きな蝶が飛び立つ姿を、想像していただけたらと思います。



画像

これには、いろいろな実験を試みてみました。

まず、F30号の外枠サイズの絹枠を作ってもらい、そこに絵絹を張ってもらいました。

普通に絵絹に制作し、木枠の部分には、雲肌を張り、額縁仕立てのような構図を作りました。

絵絹の裏には、普通、肌裏という薄美濃を張るのですが、あえて、マーブルを施した紙を張りました。

絹のシースルーな感じの美しさを残して、下地の紙の模様を見せてみたかったのです。

絹本来の美しさが、そうする事によって引き立つように思ったので。

画像



去年の個展の時にも、1点だけ絵絹に千手観音を描いたのですが、今後、絹に描く事が多くなっていくようなそんな予感がする実験でした。


お友達を描いた4点は、いつもの通り、雲肌に描いていますが、それぞれの内面を表現しようと頑張りました。

快くモデルを引き受けてくれ、完成を心待ちにして、出来上がった作品をとても喜んでくれた。

そんなお友達・またお友達の恋人やBFたち。

いろんな人の励ましや応援があって、とても楽しい嬉しい制作の時間でした。


改善していかなければならない、技術的な欠点。ともすると、細密に走り、全体を置き去りにする、昔からの、描写上の癖。

まあ、いろいろ課題はありますが、絵を描くことは本当に楽しいと思いました。

応援してくださった皆さん。本当にありがとう^^

無事描けました。

記事へトラックバック 0 / コメント 6


大忙しのホワイトデー

2010/03/16 10:32
一ヶ月ぶりの更新になりました。

先日のホワイトデー。


まず、お昼頃に迎えに来てもらって、Pちゃんの春物ファッションをコーディネートしよう♪と、ユニクロやGAPを物色。

その後、知人画家さんの個展へお邪魔し。

その後、東急ホテルでHちゃんと合流し、パーティーの下見や打ち合わせ。

その後、松坂屋に移動し、Rちゃんの香水の展示会を見学。



19:00よりアトリエに、旅行の仲間Kちゃん・Wっきー・よっちゃんも集合し、みんなで鍋パーティーをしました。

まるで、桃太郎実写番・もしくはブレーメンの音楽隊のように、あっちこっちで仲間が増えていくおかしなスケジュールでした^^;


しかし、ホワイトデーのお菓子や、Mちゃんから、誰よりも早くバースデープレゼントを貰ったりと、嬉しい1日でした。

これは、ペロペロキャンディー風チョコレート
画像

画像


べっこう飴細工で出来た、蝶々の干支の鶏さん。素晴らしい職人技ですね。
画像


お菓子の詰め合わせ。
画像


そして、ブログ仲間のKarubiさんより、フルーツケーキを頂きました。
画像



不思議なことに、全然お酒も飲まず1ヶ月。甘いお菓子を食べる習慣は、普段はないのですが、この頃、ふと、チョコレートなどを食べたくなります。

きっと、疲れていたり、頭を使いすぎたりしていると、お酒を飲んでいない期間にかぎり、お菓子が食べたくなるみたいですね。


皆さん、本当にありがとう♪

まだ、あと少し頑張らなくちゃいけませんが、美味しいコーヒーとお菓子で休憩しながら、頑張りたいと思います。

あ、もちろん。飴は食べませんよ。(無添加の飴で美味しいって書いてあったけど)

大事に飾っておきます。


また、遠方のお友達やパパイヤから、美味しいお米や古式みりんなども送って頂きました。
画像


画像


あまりお料理する時間もないのですが、落ち着いたら、何か美味しいものを作ってみたいと思います。

ありがとうございました♪







記事へトラックバック 0 / コメント 6


ハッピーバレンタイントリップ

2010/02/14 23:10
2月13日〜14日。ふとした思い付きから、仲良しお友達8人で、鳥羽のリゾートホテルへ、バレンタイン小旅行に行ってきました。

画像


行く途中に、伊勢神宮へ参拝しました。

五十鈴川で手を洗おうと、川岸に下りていくと、あたりの空気が凍り付いていて、石の上に哀しげに、ビニール袋に入った4箱の赤福・・・その横の石には、血がボタボタと落ちていて、ちょうど、川からずぶぬれのおじさんが、眉間から血をダラダラ流しながら、這い上がってくるところでした。

何が起こったのか理解できず、しばし、ボーゼンと眺めていると、おじさんはニコニコしながら、『大丈夫大丈夫』と連発していました。

早い話。酔っ払って、川に落ちたのですね。

眉間から血を流して笑っているおじさんが、怖かったです。

画像


画像


蝶々たちも手を洗いましたが、水は氷水のように冷たくて、どこが大丈夫なのだろう?と、かなり心配になりました。

伊勢神宮は、その五十鈴川の橋が架け替えになったとか、なんかで、ものすごい参拝者数で、随分並んでおまいりをしました。

おかげ横丁で、伊勢茶を試飲して買ったり、赤福を食べたりして、車に戻りましたが、砂利道で足の裏が痛くなりました(泣)

ホテルは、女の子が喜びそうな、可愛いホテルでした。

画像


画像


画像


向こう岸の山がハゲてさえいなければ、景色も申し分ありません^^;

画像


お部屋でしばらくくつろいで、温泉に入り、お待ちかねの夕食です♪

旅行に来てフレンチを食べるのって、いつもヘンな感じがするのですが、今回は
画像


画像


豪華なシャンデリアの下。8人がずらっと並んで・・・まるで『華麗なる一族』ごっこか?と、ちょっと可笑しくなりました^^。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


お料理は、思ったよりボリューミーなフルコース。どれも、わりとあっさりした上品な味付けで美味しかったですが。

マッシュルームのポタージュ。あおさの入ったパンが特に美味しかったです。

でもね。こんなにしっかりフルコースを食べた後。

お部屋で、チョコレートだのシャンパンだのワインだのラーメンだのお茶漬けだのの、大宴会が深夜まで続きました^^;

翌日、ホテルの支配人さんが、プールサイドでたくさん記念写真を撮ってくれました。
画像



チェックアウトが12:00だったのと、二日酔い組がいたので、午前中はホテルでまったりして、お昼から活動。

浦村湾のカキの食べ放題のお店に行きました。

まず、バケツにカキをつめ放題。
画像


画像


その後、自分達でカキを焼いて、カキご飯・カキのお味噌汁・カキの佃煮などと一緒に食べました。

煙が目にしみるのだけど(蝶々はコンタクトしてるからへ〜きだったけど)、焼きたての新鮮なカキは、ぷるぷるで甘味があって、みんな美味しい〜〜^0^vと言っていました。

しかし、そんなに食べられるものでもなく、各自50個づつもお土産に持ち帰りました。


帰りの車の中。楽しみにしてた旅行だったし、楽しいだろうなとは予想していたけれど、こんなに『めっちゃくちゃ』楽しいとは思いもしなかったね♪と、夏には山に行って、バーベキューをしたり、牧場にいったりしよう♪という話になりました。


最近、制作がぎっちしで家から余り出る事もない日々。

こうして、仲良くしてくれるお友達と、楽しい旅行が出来て、とっても嬉しかったです。特に車をだしてくれたPちゃん・Kちゃんの蝶々の後輩たち。運転もお疲れ様でしたし、ホントにありがとう。

みんな。楽しい時間を本当にありがとう。

今日は疲れたし、ゆっくり休んで、また明日から頑張ろうと思います。

記事へトラックバック 0 / コメント 6


カンタン・手作りチョコレート

2010/02/12 14:54
画像

お久し振りの更新になってしまいましたm−−m

フランス・ヴァンヌの個展。名古屋での個展準備に忙しい毎日です。
中間報告の記事なども、UPしなくちゃいけないのですが。

今週日曜日は、ハッピーバレンタインデー♪

と、言う事で、気晴らしもかねて、皆様にカンタンで美味しくて、たくさん出来ちゃう。そんな手作りチョコレートのレシピをご紹介しま〜す♪

まずは、オレンジの皮をコアンとローとグラニュー糖で煮ます。
画像


市販のカステラは、茶色の部分は切って、手でほぐします。
画像


ラム酒と刻んだピーナツ。ピナッツは、香りが良いので面倒くさかったけど、殻つきを使いました。
画像



チョコレートは明治♪のブラックと、苦さの余りまだ残っていた、パリのお土産^^;カカオ85%の超ビターのものを使います。
画像


生クリームと一緒に湯煎にかけて溶かします。
画像


説けたらくずしたカステラに混ぜ混ぜ。
画像


刻んだオレンジピールも混ぜ混ぜ。
画像


ラップで包んだまま、バットなどに入れて、均一の厚みに伸ばします。
画像


冷蔵庫で1時間くらい、冷やして固めたら、お好きな大きさに切って、ココアパウダーをまぶします。
蝶々は、ちょっとお洒落に金箔を乗せてみました♪
画像


ケーニスクローネの栗のチョコレートケーキっぽく竹の皮でラッピング。
画像


ま〜〜!蝶々ってなんてセンスがよろしいのかしら?

『天才じゃろか?』と、思ってしまって、深夜に作っていたのですが、さっそく写メを送りました。

見た目だけじゃなくて、カンタンな割りに、味も美味しいの。アタクシ。すんばらすぃ〜わ♪

と、思ったんですが、よく考えたら、コレ。TVのお料理番組で見て作っただけでした。


まあ。そんな事は置いといて。皆様もぜひ、お試しアレ。

ウィスキーを飲みながら、暖炉の火を見つめ(・・・家にはストーブさえないって言うのに?)、手作りのチョコレートを食べながら・・・

そんな、休日のバレンタインデーも素敵なものですよね^^

記事へトラックバック 0 / コメント 4


最近読書傾向

2010/02/12 14:27
去年の秋頃から、昔から好きだった世界史関連の本を、何となく読み返しています。

パリへ行ったこともあって、何となく思い出してまた読みたくなったのでしょう。

まずは、ナポレオン・ボナパルトの浮気な奥様・『ジュスティーヌ』
画像


美しくて優雅で洗練されていて、それでもフランス革命の前後で、激変した生活の中で、権力者の愛人まがいの生活を送っていたり、夫となったナポレオンの目を盗み、若い美男子と逢瀬を楽しんだりと・・・

妙に人間臭い女性だな〜と思いました。

歴史と言うものは、得てして『平凡』な人物に、重要な役割を振り当てる。

と、いうのは、歴史家のアンリ・ツヴァイクの言葉ですが、彼女もそんな役を担わされた一人のような気がします。

続いて、ベルサイユの薔薇からずっとずっと大好きだった『マリー・アントワネット』
画像



彼女もまた、革命が始まるまでは、国民の税金を湯水のごとく浪費し、遊び好きで、陽気な、決して悪気のない女性だったと思います。

お正月に『マリー・アントワネット』のDVDを借りてきて、衣装の艶やかさ、室内の優雅さ、お菓子のカラフルさなどなどすっかり映像に魅了されて、また引っ張り出して読んでみたのです。

何気なく、蝶々が『マリーアントワネット』を読んでいた事を覚えていてくれたお友達が、こんな綺麗な資料を送ってくれました^^v
画像


これは、マリー・アントワネットが生まれ育ったウィーン宮殿・シェーンブルン宮殿の図録です。

見取り図を見ると、大温室・動物園・・・・そして『蝶の家』なるものまでありました。

・・・どんな所だったのでしょうか?・・・多分、綺麗なお花がいっぱい咲いている温室に、蝶がわんさか放し飼いになってるようなところだったんじゃないかな?

当時のヨーロッパの王族なるものの、権力の絶大さには、本当に驚きです。

そんな環境で、のびのび育てば、経済観念ゼロの子になっても、当然といえば当然な気もしますね^^;


そして、驚いた事に、このシェーンブルン宮殿には、宮廷劇場があり、女帝のマリア・テレジア自身も、その16人の子供たちも、歌を歌ったり、お芝居をしたりして出演していたのです。

後に、フランスに嫁いだマリーは、トリアノン宮で、みずから『セビリアの理髪師』などを演じて、王妃が女優の真似事を・・・などと国民の批判を受けますが、子供の頃の楽しい思い出が、ただそうさせただけだったのかもしれません。

マリア・テレジアは、厳格で優秀な女帝というイメージが強かったので、この事は今回初めて知りました。

マリア・テレジア自身は、大恋愛の末結婚し、16人もの子供に恵まれますが、その子供たちは、ルイ16世に嫁いだマリー同様、みな、政略結婚をさせられています。



何だか、今回読み返してみて、マリーは可哀想に思いました。浪費家で努力が嫌いで、遊び好きで・・・と、とかく性格の軽佻浮薄な部分が強調される、マリー・アントワネットなのですが、愛する人と結ばれて、幸せな結婚生活を送った母には、娘の気持ちは、きっと分からなかっただろうと思います。

さてさて、その『マリー』ももうすぐ、断頭台の露と消えてしまいます。

本棚を探していたら、こんな2冊を見つけました。
画像


歴史関係の本で面白いのは、今回の宮廷劇場出演の件のように、自分の中で情報が繋がる事。

そして、自分なりにその人物を、深く愛するような気持ちになることです。


追記

先日、ハプスブルク家のエリザベート皇女の番組を、教育テレビでやっていました。そのタイトルも『美の呪い』

蝶々は、お友達がメールで教えてくれてから、途中から見ただけだったのですが、美しい悲劇の皇女・エリザベートの波乱の人生にも、とても興味がわきました。

どのくらい美しい人だったかというと、この図録の表紙のお姫様です。











記事へトラックバック 0 / コメント 2


日仏現代美術世界展&東京いろいろ

2010/01/24 23:05
お久し振りの更新になりました^^;
画像


1月20日〜24日まで、しばらく東京に滞在していました。

今回の上京の目的は、1月22日(金)〜24日(日)まで、南青山のスパイラルで行われた、『日仏現代美術世界展』の見学と、授賞式。
画像


ブログ友達のkarubiさんと、またまたゴールデン街で飲んだり、墨山先生に今度のフランスでの個展の事で、相談に乗っていただいたり、旧友に逢ったりと、あっという間の4日間でした。

今回は、RちゃんやIさんに会う時間が作れそうになかったのですが、また、今度行く時に必ず逢いたいな〜と、思って帰って来ました。


さて、肝心の受賞式は、なぜか一番後ろのほうに座ってしまったので、名前を呼ばれて歩いていく距離が、長すぎて、なんか恥ずかしかったです。

賞状は、萌えるような真っ赤なポール・アンビーユさんの作品が下地になっていて、こんな個性的な賞状を頂いたのは、初めてでした。
画像


受賞式に続くレセプションで、墨山先生と乾杯♪
画像


ゴールデン街のお友達。ティーチャーも見に来てくれました。
画像


パリ国際サロンに出品したのと同じ作品ですが、蝶々にとっては、これまた懐かしい再会。
画像


懐かしいお友達、パリで出逢った方達。いろいろな人と逢い、自分の方向性や、今後、どうやって制作活動をしていくかなどなど考える、良いきっかけが持てました。

東京でお世話になった皆さん。本当にありがとうございましたm−−m

と、言う事で、今回の東京の景色を少しご紹介。
画像

新宿の老舗居酒屋・かなめにて

画像

これもまた、有名なおでん屋さん・お多幸

画像

赤坂の鍋屋さんにて、人生初のもつ鍋・・・かなり、こってりなのだけど、毎日食べたいような、はまる味。

画像


南青山の可愛い雑貨屋さんにて、素敵なキーホルダーとはさみを買いました。
画像


画像


蝶々の定番お土産は、ヴィタメールのブラウニー♪
画像


新幹線の中で食べちゃったので、ちょっと減ってしまいました(アハハ〜▼m▼)



記事へトラックバック 0 / コメント 9


大きな犬・小さな犬

2010/01/16 21:00
画面はクリックすると文字も読めますよん♪

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
記事へトラックバック 0 / コメント 6


犬千代

2010/01/13 09:58
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
記事へトラックバック 0 / コメント 4


鶏・熊・猿

2010/01/12 12:42
昨日は、Y先生からチケットをいただいた『伊藤若冲・展』が最終日でしたので、お友達と見に行きました。

スゴイ人出で、ゆっくりは見れませんでしたが、淡いピンクの茎や葉の渋い表現や、桜の花の描写、壺の模様などなど、心に残るものも多かったです。

数年前、上野の森美術館でRちゃんと見に行った『若冲・展』の時のような、若冲の代表的な、細密描写の鶏や、プライスコレクションの虎などは、今回は来ていなかったようで、虎年なのであればよかったのに・・・とちょっと残念でした^^;

早々に、会場を出て、高島屋11階のテディベアショップに行ってみました。

くまのぬいぐるみが、お振袖を着ていて、スゴク可愛かったのですが、お値段は8万円くらい。買うわけにも行かず、せめて写真でも。と思ったのですが、撮影禁止でしたーー;

我が家のほ〜いち(原型)も売っていました。19950円なり〜・・・・
画像


画像


画像


画像


『ほ〜いち』の名の通り、耳もなくなり、顔も丸っぽく変形し、もちろん、首も『チョンパ』になっているのですが、

ほ〜いちの元の顔って、こんなだったよな〜と、しばし感慨にふけりました。

でも、可愛い良狗ちゃんが、大のお気に入りで、本当に長年ご愛用しているので、ま〜いっか〜・・・^^;



その後、雑誌を見ていて、『デザイナーズカフェ』『デザイナーズ居酒屋』『デザイナーズカラオケ』なるものがある事を知り、

どこに行くにも、まず条件として『お洒落なとこ』に行きたがるアタクシとしましては、一度行ってみようという事になり


ルーセントタワーの『猿カフェ』に行ってみました。


ルーセントは、数年前、出来たばっかりの頃にイタリアンに行ったきりですが、人の流れから外れてしまう立地条件のせいか、やや閑散としています。

カフェ自体は、お洒落でもなんでもない、フツーな感じ。
画像


ビルの中庭やエントランスが素敵でした。

画像


画像


そういえば、『そのうち行こう』と話すだけで、仕事があるとか、時間がないとか、そんな話ばかりで、蝶々の行きたかったお店って、どっこも行ってなかったな〜・・・ばっかみたい。

画像


それより、このコート着るなら、もっとハイヒール履かないと、蝶々。背が低いからガウンみたい〜。だっさ〜〜〜;;

記事へトラックバック 0 / コメント 4


人気者で行こう♪ by良狗ちゃん

2010/01/10 19:31
みなしゃん、あけましてわんわんわん。

すっかりお正月も明け切ったのですが、今日は、ママとまだ行ってなかった初詣にいっちきました。
画像


ココは、良狗ちゃんちのてーばんの『伊奴神社』・お犬様をお祭りした神社なので、寅年だろうが、丑年だろうが、毎年ここにお参りします。

その後、名古屋城へ。
画像

天心と。

画像

小茶丸と。

画像

良狗ちゃんとママで行きました。

良狗ちゃんは、穴に顔を突っ込むのは、断固拒否しますです^^;

こんな穴に顔を突っ込みに来たのではなく、本日の目的は

画像


に〜〜ん。イケメン戦国武将のパフォーマンスです。

画像


しかし、人ごみに3柴トリオで出掛けると、必ず起きる人だかりが・・・
画像

ちらり。

画像

ほらり。
画像


しかし、今日の良狗ちゃんには、じゅ〜だいな任務があるのです。

それは
画像


イケメン戦国武将と記念撮影をしてもらう事^m^v

画像


『お〜。これはこれは、なんと可愛いワンコではござらぬか』とか、『お犬様にござりますな』などなど、良狗ちゃんはみんなの人気者。

その中で、『お主。美しいな』と言われたので、え?可愛いの間違いじゃないでしゅか?と思ったら、ママの事でちた^^;
画像


まあ、良狗ちゃんは、おっちょこちょいのちょ〜いですからね。

あ、名古屋は今年開府400年記念。そのPRのために、徳川家康・豊臣秀吉・織田信長・加藤清正・前田利家・前田慶次の6人の、人気者武将達が活躍していますよ。
画像


名古屋にお越しの際は、じぇひ遊びに行くと、おもちろいでしゅよ♪

記事へトラックバック 0 / コメント 2


2010 夢を語ろう♪フランス美術賞展・ミニ個展部門

2010/01/05 11:12
皆様。新年、すっかり明けまして、まことにおめでとうございます^^v

新年会も初詣も、お正月らしい事はな〜〜んにもしていない蝶々なのですが、昨日から『描き初め』だけは始めています。

習字じゃなくて絵の描き初めですが・・・

と、いうのも。昨年末にこんな通知が届き、
画像


2010年7月にフランスのモルビアン県・ヴァンヌ市で行われる、『フランス美術賞・展』の個展部門への出品推薦なのですが・・・

ヴァンヌ市は、モン・サン・ミシェルなどにも程近い、フランスの港町。風光明媚なところのようです。

会場は、モルビアン県庁図書ホール・キオスク文化会館・アーミン城・スシニオ城と4つの会場に分かれるそうです。
画像



フランスで個展をするなんて、夢のまた夢。そんな風に思っていたのに、急に飛び込んできた通知。

お城の会場だったら、とっても素敵〜♪などと浮かれてみたものの・・・


果たして、30号5枚。制作が間に合うのかどうか。カッコ良い作品が描けるかどうか。7月のヴァンヌへ行って、11月にまたパリに行けるのかどうか。個展部門の会場はお城なのかどうか(お前は、シンデレラ城に憧れる子供か?)
・・・などなど、悩んでいるうちに年を越してしまいました。

その他にも、11月のパリのサロンで、『ル・サロン』に出品してみるのか、『サロン・ド・トーンヌ』に出品してみるのかも、まだ悩んでいる現状。

次回のパリ国際サロンは、出品招待なのだそうですが、当然、その作品も必要になってきます。

どの展示会・サロンも出品締め切りが3月中頃に重なっていて、ちょうどその頃は、自分の名古屋での個展準備の最終修羅場。

どうしようかな〜????・・・分身でも出すか?なんて、たわけた事言って^^;

でもね。今から数年前。蝶々はある人に『パリのサロンに出品して、パリに行きたい』って話をした事がある。

夢は言葉に出して語れば、なんだか『脳』もその気になってきちゃって、不思議と実現されていくらしいのだけど、
本当にそうだな〜と思った。

だからといって、ブログで『フランスで個展をやりま〜す♪』(出来ればお城で♪)って書いたところで、作品が出来上がってくるわけじゃないけどね。

せっかく与えられたチャンスだと、大切な友が励ましてくれた。

だから、とりあえず描く。

5枚描けるか。間に合うか。カッコ良い絵が描けるか。まだ、何も分からないけど、やってみる。

お正月中に、個展部門用・5枚の構図。名古屋個展用・構図3〜4枚は考えた。

名古屋での個展は、今年は大作(といっても50号だけど)も展示予定のため、20枚程度の展示になると思います。

今年は、ファッションショーやダンスなどもあるオープニングパーティーも計画しています。


実際問題。夢を語るのはタダでラクなもん。

でも、形にして実現していくのは、本当に大変で面白い。

今年も夢のような事ばっかり喋って、美味しいもの食べて、美味しいお酒飲んで、笑って泣いて、キラキラした愛に満ちた日々が送れますように。




今年も皆様、どうぞよろしくお頼み申し上げます。







記事へトラックバック 0 / コメント 14


年の瀬に柴犬『祭り』

2009/12/29 01:15
良狗ちゃんは
ママしゃんを
そうさ。かついで生きてきた
画像


山ノ神海ノ神
今年もホントにあじがとー。
画像


白いふんどし引き締めた
裸良狗ちゃんに雪が舞う
画像


まーつりだまつりだまつりだ
柴犬まつりー。
画像


こりが日本の祭りだーよー。
画像


ご清聴あじがとーごじゃりましゅ。
画像


来る年2010年も
画像


日本代表・柴犬の良狗ちゃんを
画像


すみからすみまで
画像


ずずずい〜ずいずっころばしごまみそで
画像


よろしくおたの申しましゅ〜〜〜^^v
画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
記事へトラックバック 0 / コメント 16


冬の嵐がすぎた後・・・

2009/12/26 13:37
クリスマスに更新しようと思っていた記事も、時期をのがしてはや26日。
画像


皆様、クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

愛する家族や友人・恋人とともに、賑やかに。それとも穏やかに。様々な過ごし方をされた事と思います。
画像

もしかして、事実上ひとりぼっちで過ごしたのだとしても、お仕事してたとしても、離れていても、愛する人の幸福を祈る事が出来たのであれば、それはそれで、素敵なクリスマスになったのではないでしょうか?

皆様の心には、サンタクロースはやって来てくれましたか?

お〜〜ほほほ▼▼  ラジオのDJみたいな事言ってる蝶々ですが・・・
画像


仏教徒だからクリスマスなんて知るか!と怒ってみたり、正月が来るのが嫌だ〜と号泣したり^^;

相変わらずの『じゃじゃ馬将軍』な蝶々でしたが、ちゃ〜〜んと蝶々にもサンタさんは来てくれましてよ。

いい子にしてなくたって大丈夫^^v意外と、サンタさんはわがままな子がお好きなのかもしれませんわよ。
画像




しかし。まあ、実質上はパーティー三昧の日々で、疲れました。

今年は、自分のアトリエでパーティーを主催する側に回ってしまった事もあり、例年のように飲んだくれ・・・いえ、飲み歩き・食べ歩く機会が減りました。
画像

不景気の影響もあるのかもしれませんね。
画像


まあ、それでもボツボツとお出掛けし、いろいろなお料理を食べ歩くのも板場の修業(いつの間に板前に?)
画像


そういえば、蝶々の大好きな美人のS子ママが、ソムリエの資格を取ったそうです。

何も考えず、ただガブガブとワインを飲み、挙句の果てには、『お金がかかる』と一升瓶のワインにまで手を出すようになった、自分が情けなくなります。
画像


来年は、『野菜ソムリエ』の資格でも・・・なんて冗談を言っていますが。
画像


蝶々は絵を描くのにいっぱいいっぱいなので、ソムリエも、利き酒師も、野菜ソムリエも、な〜〜〜んにも勉強する暇なんてありません。
画像


しかし、フランス語だけは、マジで少しやっとかないと、困り果て、右往左往している自分が目に浮かぶようです。


↑の画像は、長期醸造の日本酒(古酒)のあるお店にて。

なんでも、高山の酒蔵が、ロマネコンティの樽に日本酒を寝かせ、10年20年と熟成させたもの。

一見、お醤油のような色ですが、どっしりと重みがあって、まろやかに甘くて、とっても美味しかったです。

昭和47年のものは、この瓶で10万以上するんですって〜^^;


今年も、新しい出逢いもあり別れもあり、まるで思い出が川のように流れていきます。

また来年も、愛に満ちた美しい1年が過ごせますように。

そんな事を思う、冬の日でした。
画像










記事へトラックバック 0 / コメント 2


加賀百万石のお料理

2009/12/22 09:42
先日。またまたY先生からの、有難いお誘いで、金沢の老舗料亭・浅田屋の浅田屋名古屋にお邪魔しました。
画像


お料理は、やっぱり蟹から始まり、お刺身や椀物の白子などがとっても新鮮で美味しく
画像


画像


画像


画像


画像


なぜだか飲んでみた、イタリアワインも、サンテミリオンのような味わいでとても美味しかったです。

画像


画像


画像


画像


そして、初体験だったのが、名物のおそば。塩つゆで頂きます。

きりっとしているけれど、決して田舎くさくない美味しいおそばに、すっきりした塩つゆが合いました。

なんでも、金沢の藩主・前田利家のお抱え料理人・浅田伊兵衛が創業者だそうで、前田利家は尾張・清洲の出身だそうです。

真っ赤な壁紙や、蝶々の秘密基地のような、濃紺の壁紙など、加賀の建築は独特な感じがあり、とても素敵だな〜と思いました。




Y先生から、ザッキ賞受賞のお祝い&クリスマスプレゼントで、こんな素敵なものを頂きました。
画像


ミキモトの新作ジュエリー♪



本当にいつもいつも、応援していただいて、何も恩返しも出来ないのですが、せめて、一生懸命絵を描いて、

少しでも喜んでいただけるように、頑張らなくちゃ!と思います。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


トーキョー・ラブドール

2009/12/20 13:39
画像


今日は、最近見つけた新しい宝物をご紹介♪

ルーカス・スピラの写真集『トーキョー・ラブドール』

実は数年前、この写真展が大阪で行われた時、お友達の女王様に誘われていたのだけど、見にいけなかった。

で、先日。イベントで秘密クラブに飲みに行き、混んでいたので、ショウブースのあるお店の奥に座ったら、偶然棚に置いてあったので、買ってきました。

とってもマニアックな写真家のルーカスさんは、フランスのアヴィニヨンの出身で。

人体改造の先駆者。

医療用のメスで、人間の皮膚を切って、綺麗な文様を作る(アフリカのワニを信仰する部族でも、男の子の成人の儀式で、体にワニのうろこを鈍器で切り刻む洗礼のようなものがあったと思いますが)

そんなボディアートの世界では有名な方です。

そして、嬉しい事に、これまたフランス人のタリク・ヌイさんという詩人の素敵なポエムもついているのです。

フランス語バージョン・英語バージョン・日本語バージョンとあるのですが・・・蝶々はやっぱし日本語で*^^*


『あたしは、あなたの幻想と言う肌着でくるまれた人形
だから、あたしはいつもそこにいるのかもしれない
だって、あなたがそこにいるから

美はどこにだってある』   (タリク・ヌイ作・トーキョー・ラブドールより引用)

ね?めっちゃいかした詩でしょう?

蝶々の大好きなロートレアモンを思わせるような、フランス文学にありがちな不可解さ。

たまらないわよね〜^^;

そして、『奇跡の女の子』・ヴィヴィアンちゃんは、若かかりし日のアン・ルイス(実は蝶々大好き♪)を髣髴とさせるとってもキュートなモデル嬢。

ルーカスさんは、ヴィヴィアンちゃんにとってもインスピレーション・神の啓示のようなものを感じてるみたいで、素敵なペアだと思います。

蝶々もかつては、美術モデルのはしくれ。

今はどこで生きてるのか知らぬジョニーや、大学教授の彫刻家などなどから、ご指名があり、忙しくお仕事してたのも、いい思い出です。

画家も彫刻家も写真家も、やはり『人物』を表現する方にとっては、モデルとの出会いは、まるで運命の恋人に巡り合ったような気持ちになるものです。

蝶々は、特別、裸婦や女性像にこだわりはしませんが、持ちつ持たれつ、そういう環境の中で、創作のインスピレーションを頂きます。

この頃。本当に絵を描いてきて良かった〜〜^^vと思います。

音楽家が苦労はしても、美しい旋律に彩られた人生を送れるように、画家は美しい色彩に・文字通り彩られた人生を送れるのですから。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


キキ・ド・モンパルナス

2009/12/20 13:38
画像


なんとなく。本日は蝶々の大好きなモデル嬢からみで、二本立てです。

キキは、本名はアリス・ブラン。ブルゴーニュ生まれの私生児で12歳でパリに出て、キスリングやフジタ、スーチン。

写真家のマン・レイなどのモデルをして、シュールレアリストたちのセックス・シンボルとなります。

自由奔放な人生を生き、歌手や踊り子。絵を描いてみたり、小説まで書いてみたり。

その支離滅裂さに、蝶々は似てる。と言われて、何となく思い出してまた読んでみました。

私生児のキキは、これまた奔放な母に捨てられるようにして、祖母の家に身を寄せるのですが。

そこには、父親の違う兄弟が何人もいて、祖母の暮らしは貧困を極めたそうです。

ただ、その事を表現するのに、

『玄関に看板を看板を出すとすれば、「六人の私生児協会」か『愛の過ち・荘』の方が、しっくり来る』

なんて書いてあるのです。

いかにも、フランス文学っぽい、シニカルな表現が、なんかとっても『イカス』感じがするのです。

キキは、『オーデコロンを一瓶飲んで自殺した』とか言われていますが、レネック病院で肝硬変で死にました。

今年は、体調が復活したのを良い事に、ワインを2樽分ほど飲んだくれた蝶々ですが・・・

肝硬変で死なないように、来年からは1樽に減らそう(誓)と思ったのでした*^^*


あ。セックス・シンボルついでに書いておきますが。

蝶々が甲斐バンドの曲で一番好きなのは『一世紀前のセックス・シンボル』

あの子は一世紀前のセックス・シンボルさ

言葉遣いも洋服も流行おくれ

なのになんであの子忘られないんだろう

頭空っぽなのに バストにはエナジー詰まってる

頭空っぽなのに 男達ひきつける手管は十万馬力さ

ポエムとは、そもそも説教臭くてはどうしようもない。常日頃そんな事を思っているのです。

だから、蝶々は『愛をとるか金をとるか。ベッドでドンペリニヨ〜ン』なんて詩は、余り好きじゃありません。

かといって、矢沢のように『そこんとこよろしく』ってのも、ピンと来ない。

甲斐バンドなんて、好きなのは変わってる。っていつも言われますが、詩がなんとなくタマラナイんですよ〜ん^^v


記事へトラックバック 0 / コメント 2


捨て犬のブルース

2009/12/17 19:10
画像

よう。兄弟
こんな師走に
深夜の公園のベンチ
どうして座り込んでいるんだい?


何だ。あんたも捨てられたのか?
お互い。いろいろあるもんさ


                よう。兄弟
                あんたは立派な人間で
                おいら。ご覧の通りの野良犬さ



産まれてすぐに捨てられて
野犬狩りに追い回され
いつでも腹を空かしているのさ


                よう。兄弟
                あんたのコートのポケットに
                何か食い物はないのかい?


飲んだくれるなんて弱虫さ
愛の暮らしを知ってるだけ
あんた。おいらよりラッキーさ

           
                よう。兄弟
                めそめそするなよ

今のあんたが文無しだって
誰かが何とかしてくれるさ
人間なんてそういうもんさ

よう。兄弟
笑ってくれよ
しめっぽいのは苦手だぜ

よう。兄弟
おいらと歌わないか?捨て犬のブルースを
おいらが歌ってやるぜ。捨て犬のブルースを

今夜。あんたに。捨て犬のブルースを
今夜。あんたに。捨て犬のブルースを

わお〜〜〜〜〜〜んわんわんわんわん
わお〜〜〜〜〜〜んわんわんわんわん
わお〜〜〜〜〜〜んわんわんわんわん
画像


注・画像は矢沢永吉のコンサートに行ったときのもの。

そして。うちには、シアワセな犬しか在籍しておりませんのよ。

野良犬の皆様、やさぐれた、ろくでなしの皆様に、クリスマスの奇跡が起こりますように・・・










記事へトラックバック 0 / コメント 3


ザッキ賞受賞と日仏現代美術世界展のご案内

2009/12/12 12:34
今日は、いつも応援してくださってるお客様・お友達・ブログのお友達に、嬉しいご報告が出来ます。
画像


先月。パリ国際サロンに出品した、蝶々の作品・『伽羅』が、
画像


国際サロンの名誉会長や、ル・サロンの名誉会長などを務める画家の、ジャン・マリ・ザッキ氏の『ザッキ』賞を
受賞しました^^v
画像



そして、もっと、ビックリした事に、秋の新宿ゴールデン街で、一緒にグループ展をやった、鵜飼ヨシタケ君の『鷲』

という作品も、『浮世絵』賞を受賞していました。
画像




個展の時、ご尽力くださったkarubiさんを初め、『原子心母』のオーナーや、ゴールデン街で仲良くなったお友達。

みんなが喜んでくれるだろうな♪と、思うと、本当に嬉しく思います。

もちろん、常日頃から名古屋で、支えてくれているお友達や、いつも応援してくださっているお客様も、喜んでくださってるのも、とても有難く感謝しています。

皆さん、本当にいつも応援してくれて、ありがとうございますm−−m

そして、賞を下さったザッキさんも、本当にありがとうございますm−−m


来年1月22日(金)〜24日(日)

東京南青山のスパイラルタワーで、『日仏現代美術世界展』という展覧会が開催されます。

フランスを主に海外で活躍するアーティストの作品と、日本のアーティストの作品が、一同に展示される面白い展覧会です。http://www.obijias.co.jp/modernArt/137.html

↑は前回の展覧会の模様。なので、日にち間違えないでね^^;

そこに、蝶々の作品・『伽羅』も、特別推薦部門として、展示される事になりました。

東京方面に在住の方は、ぜひ、ご覧になってください。

蝶々は、多分、22日・23日と見学に行きますので、なかなか逢えないブログのお友達にも、この機会にお逢いできたらいいのにな〜。と思います。


今年は1年。個展も2回もしましたし、アトリエも出来たし、パリのサロンにも挑戦し、本当に忙しく充実した年でした。

でも、実は、新しい扉を開いただけ。

この先、もっと難しいサロンにも挑戦したいし、個展の企画なども、実験的な事もいろいろやりたいし。

これは、スポンサーの動き次第ですが、自分のデザインしたバッグやお洋服・アクセサリーなどなどの、お店も欲しいし。

何より、いっぱいいっぱい描いておきたい絵が、心の中に浮かびます。


蝶々にとって、とても大切で素敵な出逢いもありました。


そんなこんなで、みなさんに感謝しつつ、来年はもっともっと頑張って、キラキラ度合いパワーアップの年にしたいな♪と、思います。





記事へトラックバック 0 / コメント 8


サイタサイタ・来年の黒薔薇

2009/12/09 23:57
画像

耳に水を貯めて、世間に背を向け、制作ばっかりしてるうちに、はや12月も10日になろうとしています。

昔、なんかの市民芸術祭かなんかで、もらった『マーブリングセット』なるものを、ちょっと使ってみよう♪

と、思い立ち・・・

画像


画像


やりだしたら、めっちゃおもしれぇ〜〜〜▼▼v

画像


と、たくさん、ハガキをマーブリングしてしまいまちた*^^*

で、ハガキが乾くのを、寝ながら眺めていたら、

画像


これまた、オサレな版画の構図が浮かんだので、

画像


結局、一気に彫っちゃいました。

ペッタンペッタン。印刷作業が、版画の醍醐味。
画像


何か、行き当たりばったりで、来年の年賀状が出来上りました^^v


でもね。これは、マーブリング作業中に、オモテ部分にもマーブル成分が乱入し、見た目が汚くなったので、

表書き部分は、別のケント紙に印刷し、最終的に張り合わせて、送付する予定です。

ケント紙の色を、ボルドーか茶にしようと思ったんだけど、あんまりお正月っぽくないので、ポップな色のものにしました。

これは、新年お手元に届くまでの、ナイショ^^。

何でも見せちゃったら、楽しみがないものね♪



と・・・、まあ、こんな感じで制作をしてて、そろそろ、本画の制作のアイディアが閃きかけているのですが。

今、この時期に手をつけると、焦って失敗するので。

まず、年内は、小実験の繰り返しを2〜3回。

お正月以降にまとまった時間が出来次第、制作に入ろうかな?と思っています。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


プライスレスの思い出・2

2009/12/09 22:23
パリに行く前、荷造りもそっちのけで、せっせと夜なべして縫っていた、ワークパンツ。

余白の部分に絵を描いて、いかしたパンツを作るのだと、張り切っていたわりに・・・^^;


朝から晩まで365日酒が飲める、怪物のような墨山先生は、日本でもフランスでも著名な書道家なのですが。

滞在中、何度かお部屋でのワインパーティーにお誘い下さって、すっかり酒飲み同士打ち解けてしまい^^;

何かと、『この不良娘』とか言いながら、可愛がって下さいました。

そんな飲んでいる最中、蝶々が、いかしたパンツ制作計画をお話したところ。


股間部分に『拝 観音』の文字とローマ字のサインを、気安く書いて下さいました。
画像


同席していたT先生も、お尻部分のペン画をサラサラ描いてくれました。

で、そのまま放置していたパンツを引っ張り出し。

先日のアルバムを作る時に、紙に描いた同じ構図の絵を、今度はマジックでぶっつけ描きしてみました。
画像


ご存知の方は、ご記憶にあるかもしれませんが、蝶々。以前、墨やアクリル絵の具で、ジーパンに絵を描くのにはまっていた時期がありました。

以前、ブルージーンズに墨で牡丹を描いて、気に入って、よくはいていたのですが、あんまり細かく描くと、
機械印刷っぽくなって、みんなに『買ったと思った』と言われた苦い経験が・・・;;

画像


なので、マジックでギューギュー。蝶々にしては、結構荒っぽく描いてみました。
画像


このパンツの、『ひねった』部分は、夏になったら半ズボンに出来るように、切ったところ。

でも、ハトメ用の穴を開けすぎて、ハトメを打つのが、途中で嫌になってきて、今日はココまで・・・^^;

革紐でつなごうか、それとも、サテンのリボンにしようか。まだ検討中。

でもね、コレは、もったいなくて、とてもじゃないけど、ワークパンツとしては着る気がしなくなっちゃったの〜。

漂白剤をかけた部分が、なんだかモヤモヤのモヤみたいで、カッコよくなったでしょう?

布に描くというのは、元の色の関係・漂白して抜いた色の関係・絵の具(この場合マジック)の吸い込み具合の関係etc.etc....と、普段の紙に描く制作とはまた違った計算方法で、なかなか面白いもんだな〜と、思いました。

この後、また別の実験制作の記事をUPしますが。

こんな風に、不作為に出現し、展開していく、『世界』が、その瞬間瞬間の、自分の心の地図のように見えて、とても面白く感じる今日この頃なのです。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


プライスレスの思い出・1

2009/12/04 09:27
画像
実は、帰国後すぐに耳の調子がおかしくなり、耳鼻科で、風邪の菌が喉から耳の奥に入り、耳に水が溜まっている・
いわゆる滲出性中耳炎と診断されました。

ずっと、プールで耳に水が入った時のような状態〜水の底にいるような状態。

に悪化し、挙句の果てには、ほとんど耳が聞こえなくなり、車にはねられそうになったり。人に逢うのが億劫になったり。

この2週間。重苦しく辛い毎日でした。

月曜日に簡単な鼓膜切開ではなく、麻酔をして大きな鼓膜切開の手術をして以来、毎日良くなって来ていて、
とってもセイセイした気分で毎日を過ごしてます^^v

ご心配やご迷惑をおかけしたお友達のみんな。本当にありがとう♪お陰で、耳も聞こえ、ご機嫌もすっかり麗しくなりました。心配かけて、本当にごめんねm−−m


さて、そんな、暗い音のない闇の中。チマチマとアルバム制作を続けていたのですが、あまり進まず。

この2日間くらいで、ほとんど仕上げた。蝶々の宝物アルバムをご紹介します♪
画像


表紙はまだ未完成。最初、フェルト生地の表紙のスクラップタイプのアルバムを買ってきたのだけど、表紙が途中で気に入らなくなり、一時は和紙を張ってみて、それもやっぱりダサいので、一見皮のように見える、鎌倉彫調の特殊な紙を張ってみました。

まだ、タイトルが決まらないのですが、決まったら、金色のリボンをかける予定です。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


今回は、なぜだか普段使わない、色鉛筆やマジック・アクリル絵の具・色画用紙やいろいろな種類の紙・リボンなどなどを使ってみました。

可愛い細工のシールや、自分で抜いた蝶の型とか、切り絵なんかも少々。

10日も耳が聞こえにくいと、やけくそになってきて、『絵描きだから、耳聞こえなくても結構だもんね〜。静かでいいや』などと思っていたのですが・・・

やっぱり聞こえるとセイセイします^^v

せっかく、ある才能を人のために使えなどと、この頃言われて、ふと、以前。

目の不自由な子供たちに、絵本原画を提供した事を思い出しました。

続編を作る。と言って、のびのびになっていましたが、来年時間が出来たら、ゆっくり考えてみようと思います。


このアルバムを作っていて、絵が描けて良かったな〜と、本当に思いました。



記事へトラックバック 0 / コメント 12


アトリエ改装とマダム・クリスマス

2009/12/01 01:06
画像


ずっと、お洒落だと思って、気に入っていたアトリエ。

パーティーのお客さんが、『今日は呼んでくれて良かった。外国に来たみたい』と、言ってくれた事が、一番嬉しかった。

しかし、よく考えてみたら、ダサい部分もいろいろあったので、この際。すっきり・さっぱり・大改造。

まずは、季節柄、クリスマスツリーの飾りつけ。

今年は、例年通りのクリスマスカラーのグリーンが、いんちき臭く感じるので、ラッカーでシックにカラーチェンジ。
画像


良狗ちゃ〜ん。どいてないと、黒柴になっちゃうよ〜。

画像


画像


ココまで完成したら、アトリエに運び、飾りつけ。
画像


ふんふんふ〜〜〜ん。蝶々姫オリジナルの、マダム・クリスマスの完成〜♪

でわでわ、アトリエの全体図もご紹介。写真の飾り方を、クールな感じに。

画像


コレは、入り口を入ったところ。

画像


先日の造花で作ったアレンジ。少々しょぼい。後で、この下から、アップライトの照明を当てようかと思ってます。
画像


蝶々の厳選ポストカードコーナー。今回、パリでもいっぱい買ったのだけど、結局、採用は2枚のみ。
画像


一番好きなのは、カミーユ・クローデルの切ない背中の彫刻のカード。

画像


大好きなキャンドルスタンドとめくら花。

通路部分は改良の余地アリ。
画像


テーブルクロスとクッションも新しくしてみました。


夜になって、フロアーランプをつけると、何だか、ロマンティックになるでしょう?
画像



これも、今は亡き、ポロリがくれたバイオリン・・・落っことしたら、折れちゃった^^;
画像


キャンドルスタンド・紫ちゃんも、先日、自分で落っことして割っちゃったの〜〜〜(号泣)

でも、これは、自分でやった事だから、仕方ない。

ココは、蝶々様の宮殿。『私が法律』なので、『無罪』


この素敵なお部屋に、『今度、座椅子を持って来ようかな?』なんて、いう奴は、即刻・処刑台送り。

アナタごときの、へぼいセンスとコラボするつもりなんか、さらさらなくてよ。













記事へトラックバック 0 / コメント 6


黒い薔薇咲かせよう♪

2009/11/28 22:39
皆様。ぼんそわ〜る*^^*

『魔性の女占い』をやったら、魔性度100%になってしまった蝶々です。http://fanet.jp/lovelabo/chart/38/index.html
画像


誰が、魔性よ。アタクシはホントは、めっちゃいい子なのよって▼▼vそんな占い、へのかっぱでございます。



ですが。先日、ふと気まぐれにお散歩してたら、お友達のお庭に可愛らしいピンクの秋薔薇が咲いているのを見てしまいました。

ま〜素敵♪

普通なら、テキトーに喜んでオシマイなのでしょうが、そこは、複雑怪奇な蝶々様の御心。

・・・・め〜っちゃくちゃ落ち込んで、パパイヤに泣きをいれていました^^;(自分でも、ワケ分からん奴だと思うけど)


画像

『夜に咲く悪の華』・『血を吸って咲く毒の花』(誰も、ココまでは思ってないでしょうが・・・)

みんなが、蝶々の事を、そんな風に見ていて、蝶々の『ホントは優しい子』の部分を見落としている。

優しさが報われないと見切った時。蝶々は、自分でも恐ろしい程、残酷な仕打ちをしでかし、ざま〜みろとほくそえんでいたりすることがある。

やっぱり蝶々は『悪の華』なのが本性なのかもしれん〜〜(大泣)・・・と。
画像



以前。Rちゃんが『ね〜さんは繊細だから』と、言うので、『えっ!私のどこが繊細なの?』と、聞いた事がありました。・・・隠してたのに、なんでバレたのか???

そしたら、『だって、作品に『私は繊細です』って、描いてあるじゃん。自分で看板上げといて〜(大笑)』と言われた事がありました。

パパイヤも、今は亡きジョニーも、もちろん家族も、周りの人間は、みんな分かってくれているのでしょうが。

これ以上、誰に分からせたいのか知りませんが、とにかく、そんな風に思われていると、何だか哀しくなってしまったのです。



画像

『蝶々さんは、花に例えたら、ビロードのような花びらの黒薔薇っすよ。悪の華じゃないっす』

『ただ、棘は、ソ〜ト〜鋭いっすけどね』・・・(この部分は聞いていない)

ま〜〜!パパイヤったら、なんて、良い事言うのでしょう〜♪やっぱ、お前はいい奴だな〜^^v



画像

そうよ。そうよ。アタクシは薔薇なのよ。それも、どこに生えてるのか見た事もないけど、黒い薔薇。

悪の華でも毒の花でも、ましてや、食虫植物だなんて、とんでもない言いがかりだわ。ふんふんふ〜〜ん。


そ〜だ。薔薇の絵を描こうっと〜♪なんて、問題が解決したのか、新しい興味の対象を見つけて、その問題はどうでも良くなったのか、とにかく、電話を切った次第でございます。
画像




以前にも紹介しましたが、ジャン・コクトーの小説『大股開き』の一説の言葉

『われわれの人生の地図は折りたたまれているので、中をつらぬく、一本の大きな道は、われわれには見る事が出来ない。だから、地図が開かれていくにつれて、いつも新しい小さな道が表れてくるような気がする。
われわれは、その都度道を選んでいるつもりなのだが、本当は選択の余地などあろうはずがないのである』

まるで、自分の人生の事を言ってるようで、なぜだか好きな言葉です。(『道は自分で切り開け』とか、書いてあったら、ふ〜ん、うるさいな。と思うだけでしょうが)

一見、暴走列車風の蝶々の人生にも、たまには『駅』があるのです。

すべての『駅』を知ってるわけじゃないけど、『急行が止まる駅』くらいは、知っててくれるので、何でも話せる。そういう友こそが、『人生の宝石』だと思うこの頃です。


ただね、地面に根を張って美しく咲く花を見てると、何か、『家庭』を思わせ、寂しい気持ちになった。
画像


同じ品種の薔薇の苗でも、大切に育てて、可愛い花を咲かせる事が出来る人もいるのね〜。と。

蝶々は、お水もちゃんとあげたし、肥料もあげたのに、うどん粉病だか、小麦粉病だか、原因不明の病気で全滅。

え〜〜〜ん(号泣)

犬は、立派に3匹。丸々と育て上げる事が出来たのに・・・
画像


ま、いっか〜。


今、蝶々は、ワケあって、暗い音のない闇の世界にいる。妖怪人間なのさ。じゃないけど、深い海の底のように静かな世界。

いつも、ドタバタ賑やかな毎日だったので、こんな風に内省的に静かに考えるのも、たまには悪くないのかな?なんて思ってます。














記事へトラックバック 0 / コメント 8


続きを見る

トップへ

月別リンク

蝶庵そうそう・・・蝶々のアトリエから・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる